ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文 > 核実験等への抗議文 > 1968年~1993年 > ソビエトの核実験に対する抗議文(1985年7月1日)

本文

ページ番号:0000009385更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

ソビエトの核実験に対する抗議文(1985年7月1日)

駐日ソビエト連邦大使館 特命全権大使
ピョートル・アブラシモフ閣下

抗議文

ヒロシマは、いかなる理由があろうとも、核軍拡競争を激化させる核実験を許すことはできない。被爆四十周年を前にして、貴国と米国との包括軍縮交渉第二ラウンドにおいて、核軍縮への道が開かれるものと大きな期待を寄せているとき、貴国が核実験を強行したことは、誠に遺憾である。

被爆体験をもとに、核兵器の廃絶を訴え続ける広島市民を代表して、厳重に抗議する。

貴国は、人類の命運をにぎる核超大国としての責任を深く認識し、直ちに核実験を停止するとともに、米国との軍縮交渉において、人類生存への最優先課題である核兵器の廃絶の実現に向けて、最大の努力を傾けられるよう、強く求める。

1985年7月1日

広島市長 荒木 武