ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 核実験等への抗議文 > フランスの核実験再開表明に対する抗議文(1995年6月15日)

本文

ページ番号:0000009363更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

フランスの核実験再開表明に対する抗議文(1995年6月15日)

フランス共和国大統領
ジャック・シラク 閣下

抗議文

核保有5か国の合意のもとに、先月、核拡散防止条約(NPT)再検討・延長会議において、包括的核実験禁止条約(CTBT)の1996年中の締結と、同条約発効までの核実験の自制などが決定されたにもかかわらず、貴国が核実験の再開を決定したことは、核保有国が行うべき核軍縮努力を自ら破棄するものであリ、強く抗議する。国際的な核軍縮の潮流を理解し、核抑止の考え方ではなく、核廃絶に向けて積極的な取り組みを進めるよう強く求める。

1995年6月15日

広島市長 平岡 敬