ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 入札・契約情報 > 関係規程 > 関係規程 > 建設工事の競争入札に関する要綱等の一覧 > (工事)入札の手続等に関すること > 広島市建設工事競争入札取扱要綱別表の2の注3の規定により市長が別に定める令和2年度における工事成績が特に優良な業者を定める件

本文

ページ番号:0000146420更新日:2020年4月1日更新印刷ページ表示

広島市建設工事競争入札取扱要綱別表の2の注3の規定により市長が別に定める令和2年度における工事成績が特に優良な業者を定める件

(令和2年3月10日制定)

広島市建設工事競争入札取扱要綱(平成8年7月1日施行)別表の2の注3の規定に基づき、市長が別に定める平令和2年度における工事成績が特に優良な業者を、次のように定める。

広島市建設工事競争入札取扱要綱別表の2の注3の規定により市長が別に定める令和2年度における工事成績が特に優良な業者とは、次の⑴から⑷までに掲げる条件を全て備える業者とする。

⑴ 平成30年又は平成31年(令和元年)の完成工事平均成績の点数のいずれかが工種ごとに次表に定める点数以上であること。

工種

平成30年

平成31年

(令和元年)

土木一式工事

80点

80点

建築一式工事

75点

76点

電気工事

75点

76点

管工事

74点

72点

舗装工事

81点

81点

⑵ 平成30年及び平成31年(令和元年)の当該工種に係る完成工事平均成績の点数がいずれも65点未満でないこと。

⑶ 平成31年度(令和元年度)及び令和2年度において指名停止措置を受けている期間がある者でないこと。

⑷ 平成31年度(令和元年度)及び令和2年度に完成した全ての工種の工事に係る完成工事成績の点数に60点未満のものがないこと。

附則

この定めは、令和2年4月1日から施行し、同日から令和3年3月31日までの間に公告等を行う工事の入札案件について適用する。

ダウンロード

広島市建設工事競争入札取扱要綱別表の2の注3の規定に基づき、市長が別に定める令和2年度における工事成績が特に優良な業者を定める件 [PDFファイル/83KB]

このページに関する問合せ先

財政局 契約部 工事契約課
電話:082-504-2280/Fax:082-504-2612
メールアドレス:keiyaku-koji@city.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


工事・建設コンサルに関する監督・検査等の規定