ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000001518更新日:2020年7月7日更新印刷ページ表示

学校便り

校長 あいさつ

校長写真 学生の皆さんこんにちは、学校長の津村です。普段は広島市立病院機構の一つ舟入市民病院に勤務しており、臨床現場で看護師さんをはじめ多職種の方々と力を合わせて患者さんの診療にあたっています。ご存知のとおり、新型コロナウィルス肺炎(COVID-19)の感染拡大により社会や医療機関は様々な対応を迫られています。皆さんも春からしばらくの間は学校に登校することさえできず、大変悔しい思いをされたことと思います。いまや国民一人ひとりに健康管理やソーシャルディスタンスの確保などの行動様式を変化させることが求められています。

 言うまでもなく、医療現場において皆さんが目指している看護師は極めて重要な職種です。最近では看護師資格の先にある認定看護師資格を取得して、より専門性の高い立場で活躍の範囲を広げている看護師も増えてきました。超高齢化社会が現実のものとなり医師偏在の問題もあいまって、がん看護、小児看護や感染症看護など13領域の専門看護師制度も設けられて、さらにNurse Practitioner制度の導入も検討されています。このように私ども医療者は生涯を通じた学びや研鑽が求められますし、学生生活中に習得すべき専門知識や技術などの内容も増えてきています。同時に、優しい心、寄り添う心、さらには患者さんの人格を尊重する心をもって人に接することがとても大切です。皆さんには、ぜひ知識と心のバランスがとれた立派な看護師になって頂きたいと思っています。本校での学びを通じて、皆さん一人ひとりの目標が達成できますよう教職員一同たゆまぬ努力を重ねてまいりたいと思っております。

皆さん一緒に頑張りましょう。

 

副校長 あいさつ

副校長写真 こんにちは。私は副校長の西山です。副校長を拝命し、3年目に入りました。昨年までは、新入生歓迎会やスポーツ交流大会、宣誓式など、行事がたくさんありました。一転今年は、コロナウイルスの感染予防のために、いろいろなことを自粛しながらの学校生活になってしまいました。しかし、このような状況ではありますが、学生の皆様と教職員が現状をしっかり受け止め、感染対策に取り組んだことで、遠隔授業や、ビニールシートを挟んだ対面授業などを開始することができました。臨地実習は、病院での実習ができるようになるまでは、学内実習を行います。まだまだ今まで通りの生活というわけにはいきませんが、現状を受け入れながら前に進んでいきましょう。

 看護師は、高度化する医療に対応できると共に、患者さんに寄り添える思いやりや優しさが必要です。その両方を備えた看護師になるためには、日々自己研鑽が必要です。一人の力は小さくても、皆で力を合わせれば力は百倍にもなります。変動する世の中にも対応できる看護師を目指して皆で頑張っていきましょう。

新自治会長挨拶    第一看護学科 2年 Hさん

 皆さんこんにちは。今年度に入って初めての学校便りになります。新型コロナウイルスの流行が少しずつ落ち着き、以前のような当たり前の生活が戻りつつありますね。ここで気を緩めずに3密を避け、みんなで頑張りましょう!私は最近、スポーツ交流大会でバレーボールを選択して練習も含め終始楽しかった去年の今頃を思い出しました。そんな楽しい行事が次々となくなっていくことがとても悲しいです。これからそれぞれ忙しい時期が来ると思いますが、何か一つでも楽しいことを見つけて楽しい学校生活を送っていきましょう!!               

学校生活

第一看護学科 1年第一看護学科1年生写真

 コロナによって例年より交流する機会が少ないですが日に日に仲が深まってきています。

 まだまだ90分授業にも慣れず大変ですが少しずつ慣れていこうと思います。今の状況をみんなで協力して乗り越えることでさらに仲を深め充実した楽しい3年間にしたいです。

第一看護学科 2年

第一看護学科2年生写真 6月に入ってから遠隔授業を交えた学校生活が始まりました。今までの授業形態と変わって慣れないことも多いですが、みんなで協力して頑張っています。教室を使用した後は、写真のように消毒を行い、感染予防に努めています。実習などこれからの学校生活に不安はありますが、今できることを一生懸命やっていこうと思います。

第一看護学科 3年

第一看護学科3年生写真 学校では、感染予防のため、手洗い・うがい・手指消毒をこまめに行うよう徹底しています。机の掃除もかかしません。

 実習では、病院や施設に行かず、Zoomを活用して授業を行ったり、自宅で実習の課題を行ったりしています。

 コロナの影響で、就職活動は病院説明会が中止になり、悩みながら就職する病院を決めている人も多いです。先の読めない状況ですが、進路決定・国試合格に向けて頑張ります!

第二看護学科 1年

第二看護学科1年生写真 約一か月半の休校が明けて、改めて当たり前に学校生活を送れることを有難く感じました。

 今はみんな講義や演習、技術試験の練習など忙しい毎日を送っています。しかし慣れない中でも講義や演習に積極的に取り組み、4月に決めたクラス目標に向かって先生達のサポートを受けながら、クラス一丸となって頑張っています!!

第二看護学科 2年

第二看護学科2年生写真 新型コロナウイルス感染症などによる長期的な自粛も明け、久々にクラスのみんなと会うことができ、とてもにぎやかな雰囲気が戻ってきました。ついに国試に向けての学習が始まったため、みんなで分からないところを教え合って、全員合格に向け、より一層頑張りたいと思います。

みんなちゃんとマスクしてます~!!

第二看護学科 3年

第二看護学科3年生写真 本来4月20日から始まる予定だった臨地実習ですが、新型コロナ感染症拡大に伴い、実習に行くことができず、落胆しながらも、各々が自宅学習で課題に取り組んでいます。

 最終学年での臨地実習は、患者さんを通して看護の実際を学ぶ貴重な機会なので、支えてくださる先生方・クラスの仲間と共に目の前のあらゆる困難に打ち勝ち、ワンチームで取り組めるよう学びを深めてきたいと思います。

ダウンロード

広島市立看護専門学校便り第22号(平成30年12月14日) [PDFファイル/634KB]

広島市立看護専門学校便り第23号(令和元年7月22日) [PDFファイル/1.04MB]

広島市立看護専門学校便り第24号(令和元年12月20日発行) [PDFファイル/396KB]

広島市立看護専門学校便り第25号(令和2年7月7日発行) [PDFファイル/927KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)