ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000008356更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

介護保険制度における事業者指導の強化を

 介護保険の事業者の指導に力を入れるべきだ。

回答
 介護保険事業を円滑かつ安定的に運営していく上で、介護給付の適正化を図ることは大変重要です。
 このため、本市においては、平成16年(2004年)4月から実務経験を有するケアマネジャーを介護保険課に嘱託職員として配置し、ケアプラン点検やサービス提供事業所における介護報酬請求の適正化等の実地指導を行うとともに、全市の事業者に対する集団指導や各区別の事業者研修会における市職員による個別事例に即した質疑応答等を通じた指導を行っています。
 また、平成18年(2006年)4月の介護保険法の改正により市町村の指導・監査機能が強化されたことを受け、事業者指導係を新設するなど、介護給付の適正化に全力をあげて取り組んでいます。
 今後とも引き続き、介護給付の適正化に積極的に努めていくことにより、介護保険事業の適切な運営を確保していきたいと考えています。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局高齢福祉部介護保険課
電話:082-504-2183/Fax:082-504-2136
メールアドレス:kaigo@city.hiroshima.lg.jp