ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 事業者向け情報 > 研修のお知らせ > 訪問看護・介護職員向けHIV感染者・エイズ患者の医療に係る実地研修について

本文

ページ番号:0000240815更新日:2021年8月27日更新印刷ページ表示

訪問看護・介護職員向けHIV感染者・エイズ患者の医療に係る実地研修について

公益財団法人エイズ予防財団の事業として、「訪問看護・介護職員向けHIV感染者・エイズ患者の医療に係る実地研修会」が開催されます。

実施機関

独立行政法人国立病院機構 福山医療センター(福山市沖野上町四丁目14-17)

研修内容

HIV感染症/エイズに関する知識・技術の習得

来診療現場の見学

カンファレンスへの参加 等

研修期間・日程

最低3日間 ※実施機関と研修希望者とで日程を調整する。

研修人数

1回5人 (開催回数は調整中 希望者多数の場合は、選定をさせていただきます。)

その他

派遣旅費等一部エイズ予防財団の負担あり(要領参照)

問い合わせ・申込先

広島県健康福祉局新型コロナウイルス感染症対策担当

感染症事案対策グループ

電話 082-513-3068

Fax 082-254-7114

Email  hcdc@pref.hiroshima.lg.jp

申込書をメールまたはFaxでお送りください。なお、広島市での取りまとめは行いませんので、直接、広島県に申込をお願いします。

申込期限

令和3年9月30日(木曜日)

 

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)