ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護人材確保・育成 > 生活援助員研修 > 生活援助員研修を開催します!(「市民と市政」令和3年6月15日号掲載)

本文

ページ番号:0000136659更新日:2021年7月5日更新印刷ページ表示 Googleカレンダーへ登録<外部リンク>Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>

生活援助員研修を開催します!(「市民と市政」令和3年6月15日号掲載)

日常生活のサポートを仕事にしてみませんか

介護の仕事では、年齢・職歴に関係なく幅広い方が活躍できます。

中でも、要支援1、2など介護の必要度が比較的低い人の自宅で、掃除・洗濯・調理などのサポートを行う「生活援助」は、身体介護(入浴・排泄・食事介助など)と比べ、介護未経験の方でもなじみやすい業務です。
生活援助に従事するためには、「生活援助員研修」を修了することが必要です。

 

 

   ryouri      saraarai       kaji 

 

 

開催日程

※定員に達したため、申込を締め切りました。次回は10月頃を予定しております。詳細な日程等決り次第、情報を更新します。

  (全3回)
日時

令和3年8月3日(火曜日) 9時30分~16時10分
令和3年8月5日(木曜日)  9時30分~15時50分
令和3年8月6日(金曜日) 9時30分~15時40分

場所

福祉キャリアカレッジ吉島本校
(中区吉島東一丁目22-2)

定員

先着30人

※今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、研修を中止する場合がありますので、
  あらかじめご了承ください。

受講対象者

次のいずれにも該当する人
・介護の仕事への就業を考えている人
  (子育てを終えて仕事復帰を考えておられる方、定年退職者で働く意欲のある方 等)
・研修の全日程(全3回)に出席できる人

※ 介護福祉士、実務者研修修了者、基礎研修課程修了者、1級課程修了者、2級課程修了者、初任者研修修了者、看護師、准看護師資格をお持ちの方は、「生活援助特化型訪問サービス」に従事するために本研修を受講する必要はありません。

 

内容

・生活援助員研修(合計12時間)
 介護におけるコミュニケーション技術、老化や認知症の理解、生活支援技術等の研修  等
 (研修の科目 [PDFファイル/262KB]]
・就業に役立つ情報提供コーナー (予定)

 

受講料

市の生活援助員資格取得奨励金制度を活用する場合、受講者負担はありません。

※以下のような場合は受講者負担が発生します。
・修了されなかった場合:受講料1万円
・補講を受けて修了された場合:補講料
・申込期限後にキャンセルした場合:テキスト代1,430円

生活援助員資格取得奨励金制度
研修を修了された方に、奨励金1万円を支給する制度です。
これにより、受講料の自己負担無しで研修を受講することができます。

 

申込方法

ちらし兼申込書に必要事項をご記入のうえ、
Faxまたは郵送にて下記の「申込・問合せ先」へご提出ください。
 
チラシ兼申込書 [PDFファイル/1.88MB]

申込期限:令和3年7月26日(月曜日)必着

 ※申込期限前に定員に達した場合は、期限前でも申込を締め切らせていただきます。
  また、申込者数が一定数に満たない場合は開催を見送ることがありますので御了承ください。

 

申込・問合せ先


広島市高齢福祉部介護保険課管理係
〒730-8586
広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
Tel:082-504-2173
Fax:082-504-2136

 

その他

・ 今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、開講を中止することがありますので、ご了承ください。
・ 本研修における新型コロナウイルス感染症の感染予防について [PDFファイル/270KB]
 お申込後、受講の決定については改めてご連絡します。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)