ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 新型コロナウイルス感染症に係る運営推進会議の取り扱いについて

本文

ページ番号:0000133103更新日:2020年6月23日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症に係る運営推進会議の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る運営推進会議の取り扱いについて
令和2年8月からの取り扱い

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、地域密着型サービス事業所における運営推進会議について、下記のとおりの取り扱いとしていましたが、社会情勢を鑑みて、この取り扱いは7月末までとします。

 令和2年8月以降の運営推進会議の取り扱いについては、新しい生活様式をふまえたうえで、通常のとおり各サービス種別ごとに定期的な開催をお願いします。なお、利用者の安全が確保できない等やむを得ない理由により開催できない場合は、出席予定者に対し文書等で報告・意見照会を行った後、その結果を「運営推進会議報告書」に準ずる議事録として作成し、本市へFAX又は電子メールで報告した場合は、開催をしたものとみなします。

※新型コロナウイルスの感染状況により、今後、取り扱いを変更する可能性がございます。

1.指定地域密着型サービス事業所の運営推進会議の中止又は延期

 令和2年3月から同年7月末までに開催予定の運営推進会議を、中止又は延期とする取り扱いをしても、差支えありません。

 

2.指定認知症対応型共同生活介護事業所の外部評価の実施回数緩和の要件

 令和2年3月から同年7月末までに開催予定の運営推進会議について、出席予定者に対し文書等で報告・意見照会を行った後、その結果を「運営推進会議報告書」に準ずる議事録として作成し、本市へFAX又は電子メールで報告した場合は、開催をしたものとみなします。

 

運営推進会議報告書(様式)

※意見照会にて実施された事業所においては、その旨を記載してください。

・運営推進会議報告書 [Wordファイル/19KB]