ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業 > 介護予防・生活支援サービス事業 > 広島市介護予防・日常生活支援総合事業の報酬改定について(令和元年10月改定)

本文

ページ番号:0000118643更新日:2020年2月27日更新印刷ページ表示

広島市介護予防・日常生活支援総合事業の報酬改定について(令和元年10月改定)

  国の地域支援事業実施要綱の一部改正に伴い、 令和元年10月1日から広島市介護予防・日常生活支援総合事業のサービスのうち、訪問介護サービス、生活援助特化型訪問サービス、1日型デイサービス及び短時間型デイサービスの報酬を一部改定します。
  改定後のサービスコード表については、関連情報から確認してください。

1 基本報酬の増額について

○ 消費税増税に伴い、次のとおり基本報酬を増額します。

(1) 訪問介護サービス

区分 現行(令和元年9月まで) 改定後(令和元年10月から)
週1回程度 1,168単位/月 1,172単位/月
週2回程度 2,335単位/月 2,342単位/月

週2回超(要支援2のみ)

3,704単位/月 3,715単位/月

 

(2) 生活援助特化型訪問サービス

区分 現行(令和元年9月まで) 改定後(令和元年10月から)
週1回程度 983単位/月 986単位/月
週2回程度 1,965単位/月 1,971単位/月

週2回超(要支援2のみ)

3,117単位/月 3,126単位/月

 

(3) 1日型デイサービス

区分 現行(令和元年9月まで) 改定後(令和元年10月から)
事業対象者または要支援1 1,647単位/月 1,655単位/月

要支援2

週1回程度 1,647単位/月 1,655単位/月
週2回程度 3,377単位/月 3,393単位/月

(4) 短時間型デイサービス

区分 現行(令和元年9月まで) 改定後(令和元年10月から)
事業対象者または要支援1 1,421単位/月 1,428単位/月

要支援2

週1回程度 1,421単位/月 1,428単位/月
週2回程度 2,911単位/月 2,925単位/月

2 介護職員等特定処遇改善加算の新設について

 ○  介護職員の更なる処遇改善を図ることを目的として、介護職員等特定処遇改善加算を新設します。

(1) 訪問介護サービス・生活援助特化型訪問サービス

 現行の介護職員処遇改善加算(1)から(3)までを取得していること、介護職員処遇改善加算の職場環境等要件に関し、複数の取組みを行っていること、 介護職員処遇改善加算に基づく取組みについて、ホームページへの掲載等を通じて公表していること等の一定の要件(※)を満たした場合に、併設の訪問介護事業所における特定事業所加算の取得状況に応じて、次のとおり介護職員等特定処遇改善加算を算定します。

※具体的な要件については、単位数表により確認してください。算定要件等については、介護給付の訪問介護における介護職員等特定処遇改善加算の取扱に準じます。

区分 単位数

併設の訪問介護事業所において

特定事業所加算(1)または(2)を算定している場合

所定単位数の63/1000単位
上記以外の場合 所定単位数の42/1000単位

(2) 1日型デイサービス・短時間型デイサービス

 現行の介護職員処遇改善加算(1)から(3)までを取得していること、介護職員処遇改善加算の職場環境等要件に関し、複数の取組みを行っていること、介護職員処遇改善加算に基づく取組みについて、ホームページへの掲載等を通じて公表していること等の一定の要件(※)を満たした場合に、当該事業所におけるサービス提供体制強化加算の取得状況に応じて、次のとおり介護職員等特定処遇改善加算を算定します。

※具体的な要件については、単位数表により確認してください。算定要件等については、介護給付の通所介護における介護職員等特定処遇改善加算の取扱に準じます。

区分 単位数

サービス提供体制強化加算(1)イを算定している場合

所定単位数の12/1000単位
上記以外の場合 所定単位数の10/1000単位

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)