ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 福祉・介護 > 高齢者 > 広島市の介護保険 > 事業者向け情報 > 研修のお知らせ > 令和4年度居宅サービス計画作成演習~疾患別ケアマネジメント「誤嚥性肺炎の予防」~

本文

ページ番号:0000104265更新日:2022年6月17日更新印刷ページ表示

令和4年度居宅サービス計画作成演習~疾患別ケアマネジメント「誤嚥性肺炎の予防」~

1 概要

本市では、介護支援専門員のケアプラン作成技術の向上を目的とし、広島市域居宅介護支援事業者協議会と共催で、研修会を行います。

事例をICF(国際生活機能分類)の考え方に沿って整理し、ケアマネジメントの基本である“アセスメントからニーズを引き出し、地域の中で自分らしく生活を継続していくための支援”について、演習を通して考えます。

今年度の疾患別テーマは、「誤嚥性肺炎の予防」です。誤嚥性肺炎の予防について理解し、必要とされるアセスメント項目や支援内容のポイントを学びます。

2 日時

令和4年9月15日(木曜日) 13時00分~17時00分

3 方法

オンライン形式(Zoomを使用)

※カメラ付で受講してください。

※パソコン・スマートフォン・タブレット等オンライン環境の設定については、各自でお願いします。

4 対象

広島市内及び安芸郡内4町の居宅介護支援事業所、小規模多機能型居宅介護事業所及び看護小規模多機能型居宅介護事業所の介護支援専門員

5 内容・講師

【講演】

 「在宅で最期まで口から食べるために 誤嚥性肺炎の予防  ~耳鼻科専門医の視点をケアプランにとり入れるには~」

 講師:医療法人 石田耳鼻咽喉科医院 理事長 浜井 行夫 氏

【講義と演習】

 ○ ICFの考え方とアセスメント

 ○ ICF演習シートを用いて生活全般の解決すべきニーズを引き出す

 ○ ニーズに基づき自立支援に資するケアプラン作成

 ○ 誤嚥性肺炎の予防の視点を踏まえたケアマネジメント

 講師:ケアプラン指導委員

6 申込方法 ・ 期限 

申し込みはこちらから

※上記以外(電話やFAX)の申し込みは、受け付けていません。

〇申込期限 : 令和4年7月14日(木曜日)

7 申込後の流れ

 オンラインでの限られた時間で、ケアプラン作成までの学びを深めていただくため、事前課題の提出があります。

 事前課題の詳細は、申込された方に7月15日(金曜日)頃にお知らせします。

 事前課題の提出期限は8月5日(金曜日)、提出方法は広島市介護保険課へのeメール送付となります。

 なお、事前課題を提出された方に、Zoomの招待URL等を送付します。