ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 医療・健康・衛生 > 感染症・難病・特定疾患 > 広島市感染症情報センター > インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の発生状況(2009/10シーズン)

本文

ページ番号:0000000120更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

インフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の発生状況(2009/10シーズン)

※1999/2000~2009/2010シーズンにおけるインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等発生件数の一覧表です。

シーズン 初発時期(週) 発生件数
2009/2010 8月31日(第36週) 1,182件
2008/2009 1月13日(第3週) 48件
2007/2008 11月12日(第46週) 18件
2006/2007 2月5日(第6週) 11件
2005/2006 11月15日(第46週) 7件
2004/2005 1月25日(第4週) 22件
2003/2004 1月21日(第4週) 14件
2002/2003 1月24日(第4週) 1件
2001/2002 1月21日(第4週) 12件
2000/2001 発生なし 0
1999/2000 12月20日(第51週) 18件

(注1)集計は週ごとに行っていますので、同一週に同一施設で発生したものは1件としています(同一施設で翌週以降に再発生したものは別に計上しています)。
(注2)1学年1クラスの学級は学年閉鎖とします。
(注3)同一施設で同一週に休校、学年閉鎖、学級閉鎖が重複した場合は、休校、学年閉鎖、学級閉鎖の優先順位により記載しています。
(注4)インフルエンザの1シーズンは9月から翌年の8月までです。2009年/2010年シーズンは、2009年第36週(2009年8月31日-9月6日)~2010年第34週(2010年8月23日-29日)です。

このページに関するお問い合わせ先

 健康福祉局 保健部 健康推進課 保健予防係
 電話:082-504‐2622、ファックス:082-504-2258