ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2018年 > 8月 > 2018年8月21日 「地域の仕事おこしシンポジウム」(協同労働取組事例発表会)を開催します

本文

ページ番号:0000005431更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

2018年8月21日 「地域の仕事おこしシンポジウム」(協同労働取組事例発表会)を開催します

平成30年(2018年)8月21日(火曜日)
経済観光局雇用推進課
課長:山縣 真紀子
電話:504-2720
内線:3409

ワーカーズコープ中四国事業本部
本部長:竹森 鉄
コーディネーター:東木 陽子
電話:554-4400

「地域の仕事おこしシンポジウム」(協同労働事例発表会)を開催します

1 趣旨

 少子・高齢化が進展する中、元気で豊かな経験・知識を持つ高齢者は社会の大切な支え手です。本市では、意欲ある高齢者による地域課題の解決に資する起業(社会的起業)を促し、地域における高齢者の働く場の創出と地域課題の解決、ひいては地域コミュニティの再生を図ることを目的として、「協同労働」(※)モデル事業を実施しています。

 当モデル事業の一環として、本市の取組を広く市民に周知するとともに、社会的起業の中心となりうる人材の社会的起業を促すため、以下のとおりシンポジウムを開催します。

(※)「協同労働」 働く意欲のある人々が集い、みんなで出資して経営に参画し、人と地域に役立つ仕事に取り組む労働形態のこと。

2 概要

  1. 日時 平成30年8月27日(月曜日)13時30分~16時30分
  2. 場所 CLiP HIROSHIMA(クリップ広島、中区東千田町一丁目1番18号)
  3. 内容
    • ア 開会、主催者あいさつ(広島市経済観光局次長)
    • イ ゲスト事例発表、参加型テーマトーク(13時35分~14時55分)
      「全国事例から学ぶ、仕事おこし→地域おこし」
      ゲスト 尾野 寛明さん、松嶋 匡史さん、佐藤 緑さん
    • ウ 分科会トーク(15時10分~16時15分)
      「地元の実践から学ぶ、仕事おこし→地域おこし」
      ※広島市内の協同労働取組団体の事例発表、セッション
      発表団体 わくわくクラブ、ひねもすようこそ
      Go郷・まつむね、元気で楽しい東山をつくろう会
    • エ 閉会
  4. 主催 広島市、特定非営利活動法人ワーカーズコープ(協同労働プラットフォーム)

3 その他

  1. 参加費無料
  2. 要予約(定員100名)

ダウンロード