ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2017年4月28日 広島市がけ地近接等危険住宅移転補助事業のご案内

本文

ページ番号:0000000497更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

2017年4月28日 広島市がけ地近接等危険住宅移転補助事業のご案内

平成29年(2017年)4月28日(金曜日)
都市整備局指導部建築指導課長:阿舎利 孝之
電話:504-2286 内線:5450

広島市がけ地近接等危険住宅移転補助事業のご案内

土砂災害のおそれのある区域からの住宅の移転に対する補助を希望される方を募集します。

1 目的

 土砂災害特別警戒区域などに建てられている住宅の移転に要する費用の一部について補助金を交付し、土砂災害のおそれのある区域からの移転を支援することにより、災害に強いまちづくりを進めます。

2 補助対象住宅等

 市内の次の区域のいずれかにあり、区域に指定される前から建てられている住宅(既存不適格住宅)

  1. 災害危険区域(広島県建築基準法施行条例第3条)
  2. がけ条例適用区域(広島県建築基準法施行条例第4条の2)
  3. 土砂災害特別警戒区域(土砂災害防止法第9条)

3 補助額等

区分 補助対象費用の内容 補助限度額(1戸当たり)
補助対象住宅の除却等費 危険住宅の除却等に要する費用 80万2千円
移転先住宅の建設費または購入費
(借入金利子相当額)
移転先住宅の建設または購入をするための借入金の利子(年利率8.5%を限度とする。)に相当する額 特殊土壌地帯等

722万7千円

  • 建物:457万円
  • 土地:206万円
  • 敷地造成:59万7千円
一般地域 415万円
  • 建物:319万円
  • 土地: 96万円

 特殊土壌地帯等は、広島市では、「特殊土壌地帯(東区の一部、西区の一部、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区)」及び「保全人家10戸未満の急傾斜地崩壊危険区域」が該当します。

4 補助の予定戸数

 1戸程度

5 申込期間

平成29年5月10日(水曜日)から平成29年5月31日(水曜日)まで
 注1 申込多数の場合は、抽選となることがあります。
 注2 申込みが予算額に達しない場合は、6月1日(木曜日)から先着順で受け付けます。

6 申込先

 広島市 都市整備局 指導部 建築指導課

ダウンロード

平成29年度広島市がけ地近接等危険住宅移転補助事業のご案内(196KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


2021年