ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 市議会トップ > 請願・陳情 > 陳情受理一覧表 > 陳情第139号

本文

ページ番号:0000214252更新日:2021年4月2日更新印刷ページ表示

陳情第139号

極左過激派らによる8月6日の広島平和記念公園及びその周辺における拡声器を使用した無許可集会とデモ行進の規制を求めることについて

(要旨)

要旨
様々な取組の強力な推進によって、8月6日の広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式が、極左過激派らによるデモ行進で用いられる拡声器の騒音に悩まされることなく、「平穏」が保たれるよう連署をもって陳情する。

理由
 毎年、8月6日の広島平和記念公園は中核派や全学連を中心とした極左過激派が原爆ドーム周辺を行政の許可にのっとることなく占拠し、デモ活動前の集合場所と称し、拡声器を何台も使用して耳をつんざくような騒音で集会を開いている。(※(1))
 私たちは、広島平和記念公園を広島市民に限らず、「日本国民の黙祷(とう)場所」として、米国による無差別虐殺の犠牲となった全ての方々に哀悼の意をささげるべきであると考えている。
 本来、公園の平穏の維持を担うべきは、管理権を有する自治体や警察である。しかし、「表現の自由」を盾にする集会側の規制や排除は困難で「要請」を行うのが精一杯というのが現状である。
 ならば、私たちが行動するほかないと考え、目の前に極左過激派がスクラムを組んで占拠することを黙認せず、私たちの手で、広島平和記念公園を守るしか方法はないとの判断から、毎年、極左過激派に比べて人数は劣るものの、強行突破を図る極左過激派の目前に立ち塞がり、これらを粉砕するべく行動を重ねた。
 その一部成果として、平成29年からは集会側が占拠していた場所を私たちが先に確保し、「黙祷(とう)場所」の看板を掲示することに成功。一昨年は中国新聞で「八月六日は黙祷(とう)の日」とした私たちの主張が報じられ、大きな賛意の反響を呼んだ。(※(2))
 昨年は、多くの広島市民も立ち上がり、SNS上で「右と左が激突する夏の風物詩」とすら形容されていた集会側と対じする私たちが映し出される構造に変化も見られた。無論、私たちに対する批判は往々にしてある。結果として、極左過激派に対じする名目で私たちも拡声器を準備・使用しているからである。
 しかし、ここだけは譲ることはできない。慰霊のための場所に平穏を取り戻したいことが私たちの行動の原点、出発点だからである。
 今回、様々な場所で議論されている拡声器使用の規制について、広島弁護士会や原水爆禁止広島県協議会などは「表現の自由を守る」との立場から声明や意見を発表し、懸念を示している。
 8月6日に政治活動を行うことは国民の権利として守られるべきである。だが、厳粛な式典と、広島平和記念公園及びその周辺の平穏を実効性のある規制でもって担保したい日本国民たる広島市民の声(※(3))を尊重し、一部の批判に耳を傾けながらも、拡声器の騒音によって、平穏が乱されることのないように、取組を断固推進していただきたい。

参考資料
※(1) 例年行われる極左過激派らによる集会の様子
 「中核派」の動画共有サイトのチャンネルより
 平成30年→https://youtu.be/GCTq4G7nmmc
 令和元年→https://youtu.be/JuYmOt17w2Q
 全学連系の動画共有サイトのチャンネルより→https://youtu.be/ugU6yHfoGNs
※(2) 民族自警団日本暁乃会の中川のコメントが掲載された中国新聞の報道
 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター「式典時間帯 ことしもデモ 8・6の原爆ドーム周辺に響く訴え」http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=92981(令和元年8月8日朝刊掲載)
※(3) 広島平和記念公園周辺のデモ規制に関する市民の声
 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター「8・6デモ規制 是か非か」http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=91716(令和元年6月26日朝刊掲載)

お問い合わせ先一覧

本会議の傍聴、議員の資産等の公開などに関するお問い合わせ先

総務課
Tel:(082)504-2434
Fax:(082)504-2449

総務課へメールする

議長、副議長の秘書、議会広報などに関するお問い合わせ先

秘書広報室
Tel:(082)504-2439
Fax:(082)504-2448

秘書広報室へメールする

本会議、予算・決算特別委員会の運営などに関するお問い合わせ先

議事課
Tel:(082)504-2436
Fax:(082)504-2449

議事課へメールする

常任委員会の運営、請願・陳情・要望の受付などに関するお問い合わせ先

市政調査課
Tel:(082)504-2438
Fax:(082)504-2449

市政調査課へメールする