ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000172388更新日:2020年7月6日更新印刷ページ表示

陳情第78号

今田良治広島市議会議員の法令遵守及び猛省を求めることについて

(要旨) 

陳情項目
1 議員は、広島市議会会議規則及び広島市議会委員会条例及び道路法を守ること。
2 議員は、地方自治法を守ること。
3 議員は、公職選挙法(施行令第110条の5第4項)、政治活動のために使用される文書図画は選挙事務所から離れた所に掲示することは認められていない。(第143条第16項第1号)違反となれば、2年以下の禁錮又は50万円以下の罰金(第243条第1項第4号)
 …国若しくは地方公共団体が所有し若しくは管理するもの…ポスターを掲示することができない。
  公職選挙法第244条(選挙運動に関する各種制限違反、その2)
  次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。
  3 第145条第1項又は第2項の規定に違反して文書図画を掲示した者。
  この条々を遵守すること。
4 平成28年7月10日付けで安佐北警察署に告発された広島市議会議員今田良治による公職選挙法違反について議論すること。
5 今田良治の看板証票がその時点で約10年以上違法状態であったことにつき、今田良治の説明を求めること。
6 安佐北警察署に今田良治に関する告発状が何件出され、いかなる捜査が行われたのか広島市民に説明すること。
7 平成32年3月31日で期限切れの今田良治の政治活動用看板が令和2年4月1日以降いかなる状態であったか説明すること。
8 令和元年10月30日元広島市議熊本の裁判において、13時30分に証人審問を受けた今田良治の公職選挙法違反につき、いかなる認識を持っているか検証すること。
9 その当日は、市民や報道及び広島市議による傍聴の中、行われたが、市民・報道・市議傍聴の中で発言した公職選挙法に係る認識はいかなるものであるか説明を求めること。
 議会及び議員は、住民自治の原則を再認識し、住民軽視との誤解なきよう努められたく、上記のとおり陳情をする。

理由
 地方自治法第1条では、「地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする。」この保障を住民の権利を実現するための議会や議員には、法令遵守を再々認識していただき、より良き広島の創生に努めていただきたい。
 当該法令違反等が露見、判明してから司直の捜査に委ぬるがごとき後手の行政ではなく、未来を善導するのが真の行政ではないか。
 広島市議会議長(当時の議長永田雅紀)自ら住民の意見に耳を傾けず、放置せる現状を改め、各議員は、広島が目指すところはかくあるべきではないか。様々な意見を取り入れながら話合いを重ね「党同伐異」異類の者に攻撃せる前に自らの行状を省みるべきではないか。
 政治責任とはいかん。
 省みるところがある者は、速やかなる説明責任を議会及び住民に果たし、もって健全かつかっ達なる議論が進むことを期待する。
 議会及び議員は、住民自治の原則を再認識し、住民軽視との誤解なきよう努められたく、上記のとおり陳情をする。

 天下一人に天下なく天下の天下なり 天下の利を同じくする者天下を得
 天下の利を擅(せん)にする者は天下を失う 天に時あり地に財あり
 能(よ)く人と是(これ)を共にするは仁なり 仁の在る処(ところ)天下之(これ)に帰す
 人の死を免(ゆる)し人の難を解き人の患(わずらい)を救ひ人の救を濟(すく)ふは徳なり
 徳ある處(ところ)天下之に帰し人と憂いを同じうし楽を同じうし好を同じうし悪(にくみ)を同じうするは義なり
 義の在る処(ところ)天下之(これ)に赴き凡(およ)そ人は死を悪(にく)んで生を楽しみ徳を好み利に帰するもの
 生と利を良くするのが政(まつりごと)であり治である正道ある処(ところ)天下之(これ)に帰す
 自處(しょ)超然 處(しょ)人藹(あい)然(ぜん)
 有事斬然 無事澄然
 得意澹(たん)然 失意泰然

 なお事実誤認や法令解釈等に誤りのある節は、いかなる者からも御教示を乞うものである。
 反論ある者は、082-554-1226番で受け付ける。

お問い合わせ先一覧

本会議の傍聴、議員の資産等の公開などに関するお問い合わせ先

総務課
Tel:(082)504-2434
Fax:(082)504-2449

総務課へメールする

議長、副議長の秘書、議会広報などに関するお問い合わせ先

秘書広報室
Tel:(082)504-2439
Fax:(082)504-2448

秘書広報室へメールする

本会議、予算・決算特別委員会の運営などに関するお問い合わせ先

議事課
Tel:(082)504-2436
Fax:(082)504-2449

議事課へメールする

常任委員会の運営、請願・陳情・要望の受付などに関するお問い合わせ先

市政調査課
Tel:(082)504-2438
Fax:(082)504-2449

市政調査課へメールする