ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000123639更新日:2020年2月21日更新印刷ページ表示

陳情第39号

安佐北区役所による政党等看板の組織的隠蔽工作に付き業務の事実関係と検証を廣島市において行う事について

(要旨)

要旨
 令和元年8月23日、安佐北区農林建設部維持管理課課長、北村卓夫氏より数年経過して回答文章が来た。以下に記載する。
 「このたびは、区長あてに可部南四丁目に所在する看板等の占有についての貴重な御意見をいただきありがとうございました。さて、看板等の土地所有者について調査したところ、隣接地との境界確認事例がなく、隣接土地との境界が明確になっていないことが判明しました。また、看板の設置状況を確認したところ隣接塀に最大限近接した形で設置されており、公共物等の機能を阻害することもなく、支障の程度が大きくない状況です。このことから、本市が占用の事実を確認するためには、土地の境界を確定する必要があり、多額の経費が必要となります。今後、隣接土地所有者との境界立会を行うこととなれば、看板等が公共物の土地を占用していることが明確となった時点で、相手方に対応をお願いすることとしています。なお看板所有者へのお問い合わせについては、渡邉様のご意見を尊重して、市からは行わないこととしています。…」
 この回答書によれば、「調査した」のがいつか明記されていない。
 「区長あて」にとあるが、数年前から区長あてと認識していながら放置した理由が明記されていない。
 数日前維持管理課職員は、「回答は、口頭でした。」と虚偽の説明をした。
 にもかかわらず、「来たときに説明をしようと思った。」と直ちに書類を窓口に持って来た疑問。
 さらに看板の箇所は、数年前から2か所と言っていたにもかかわらず1か所しか把握していなかったことが判明した。
 正当な政治活動は、自由に行われることは法律で保障されているとおりである。
 根拠なき侵害はするべきではないことは、論をまたない。
 しかし公共の土地であれば別であり特定の政治家や政党・党員等に便宜を図ることはできないのではないか。
 特定の地位等を利用し権利行使することの是非を政党や党員は、自覚するべきではないか。
 安佐北区役所による政党等看板の組織的隠蔽工作につき業務の事実関係と検証を広島市において行うよう陳情する。

例証
 平成24年11月頃広島県警に安芸区船越にあった日本共産党の違法看板につき告発がされ平成26年4月頃所有者である国に返還された事件。(違法状態の写真等を議会へ提出可能)
 平成30年5月14日付けで安佐北警察署に告発された広島市役所所有の口田ポンプ場の政党違法看板事件。(違法状態の写真等を議会へ提出可能)
 平成26年1月以前からの広島市東区内当時広島市議会議員、村上厚子等日本共産党の違法看板。(違法状態の写真等を議会へ提出可能)
 安佐北区内の特定政党支部の違法看板3件につき広島県警察に広島市が被害届を出さない疑義。
 向後も違法行為が露見するおそれなしとしない。

関連資料
 平成30年12月3日受理、受理番号247につき審議未了で終わったと思料する。
 しかし市議会のどこからも事実発言はなくいまだ有権者への説明も一切ない。
 個別具体的な事実が陳情文章には不足しているので、係る広島市議会議員におかれては、議論が進まないのであろう。
 この陳情提出者として広島市民として深く市民にお詫びいたす。
 ここに決意も新たに、後日より詳細な事実を追加し当該議員はもとより、広島市議会議員・有権者及び広島市役所職員等の期待に応えるのが市民の務めと反省した次第である。
 「責任」との言葉が辞書にない一部のごろつきに補正を追加し、もって有権者をないがしろにする者を議会の壇上より摘み出すべく獅(し)子奮闘いたす。
 この文章に事実誤認等があると思料する者は、いつでもいかなる者においても意見を承るので自由に問合せ承る。082-554-1226番。

お問い合わせ先一覧

本会議の傍聴、議員の資産等の公開などに関するお問い合わせ先

総務課
Tel:(082)504-2434
Fax:(082)504-2449

総務課へメールする

議長、副議長の秘書、議会広報などに関するお問い合わせ先

秘書広報室
Tel:(082)504-2439
Fax:(082)504-2448

秘書広報室へメールする

本会議、予算・決算特別委員会の運営などに関するお問い合わせ先

議事課
Tel:(082)504-2436
Fax:(082)504-2449

議事課へメールする

常任委員会の運営、請願・陳情・要望の受付などに関するお問い合わせ先

市政調査課
Tel:(082)504-2438
Fax:(082)504-2449

市政調査課へメールする