ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > よくある質問と回答 > 広島市では交通安全についてどのような取り組みをしているのか(Faqid-4361~4364)

本文

ページ番号:0000006680更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

広島市では交通安全についてどのような取り組みをしているのか(Faqid-4361~4364)

広島市では、交通事故のない社会を目指して、以下のような活動を行っています。

(1)交通安全教育の推進

交通安全意識と交通マナーの向上を図るため、就学前児童から高齢者まで、年齢階層に応じた交通安全教室や講習会を開催しています。
また、市内の全中学校・高等学校の新1年生全員に交通安全副読本を配付し、交通ルールの遵守やマナー向上を呼び掛けています。

(2)普及啓発活動の推進

交通安全思想の普及・浸透と、交通ルールの遵守や正しい交通マナーの実践を習慣づけるため、各季の交通安全運動における各種啓発活動、チャイルドシートの普及啓発事業、自転車マナーアップキャンペーンにおける街頭指導などを行っています。

(3)市民運動組織の活動支援

交通安全運動を地域に密着した実践活動として効果的に推進するため、交通安全運動推進隊をはじめとする交通安全市民運動組織の支援を行っています。

(4)交通安全施設の整備

安全性、快適性、利便性を備え、都市景観などにも配慮した歩道、道路照明、防護柵、道路標識、区画線、視線誘導標、カーブミラー等の交通安全施設の整備を推進しています。

(5)交通事故発生状況を踏まえた対策の推進

高齢者や自転車の関係する事故の増加など、近年の交通事故発生状況の傾向を踏まえた対策を推進しています。

  • 高齢者の交通事故防止
  • 子供の交通事故防止
  • 自転車の交通事故防止
  • 生活道路における地域との連携・協働による安全確保
  • 飲酒運転の根絶

「スマホの利用は安全に!」 広島県警察ホームページ(外部リンク)<外部リンク>

関連情報

交通安全移動教室