ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ページ番号:0000004142更新日:2020年3月19日更新印刷ページ表示

先輩職員からのメッセージ ~林業~

林業

 経済観光局等で、林業の振興、林業に関する知識・技術の普及指導、市有林の経営・管理等の業務に従事します。

広島市の森林を市民の皆さんの身近な場所に

  竹内 美織 (平成30年度採用)

 竹内美織の写真 安芸区役所農林建設部農林課農林振興係 技師

  配属歴:現職2年目
  (※令和2年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私が所属する農林課では、農林業の振興や有害鳥獣対策などを行っています。この中で私は、森林整備に関する補助事業や森林法に関する届出の処理、農林業体験イベントの企画運営などを担当しています。市民の方と話し合う機会が多く、「事業をやってよかった」という声を聞いたり、楽しそうに農林業の体験をしているイベント参加者の方の様子を見たりすると、やりがいを感じます。

この仕事を選んだ理由

 頼もしい先輩や上司に恵まれ、分からないことや不安なことがあっても、気兼ねなく質問や相談ができる明るい雰囲気の職場です。

この仕事を選んだ理由

 大学で林業や森林について学び、仕事でも森林に関わりたいと思ったことと、多くの人に森林を身近に感じ、知ってもらうことで生まれ育ったまちの森林を未来に残したいと思い、この仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 林業職の仕事は、イベントの運営や技術的な仕事から事務仕事まで多岐にわたり、様々な経験をすることができます。広島市の林業職に興味を持っている皆さんと、一緒に働ける日を楽しみにしています。

ある日のスケジュール

 竹内美織の写真28時15分 ≪出勤≫
 8時30分  ≪始業≫メールや回覧物の確認
 9時00分 ≪電話・窓口対応≫森林整備や森林に関する届出についての問合せなど
11時00分 ≪打合せ≫会議の内容について係内で協議
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪地元説明≫地元の方へ森林整備に関する事業説明
16時00分 ≪事務処理≫報告書や資料の作成など
19時00分 ≪会議≫市民の方等と農林業体験イベントについて協議
20時00分 ≪退庁≫翌日の準備をして退庁

ひろしまの「ヒト」と「森林(モリ)」をつなげる仕事

  南川 理恵 (平成22年度採用)

 南川理恵の画像1 安佐南区役所農林建設部農林課 技師

  配属歴:安佐北区役所農林建設部農林課(2年間)→公益財団法人広島市農林水産振興センター農林部農林体験推進課(2年間)→経済観光局農林水産部農林整備課(2年間)→現職3年目
  (※平成31年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 私の所属する農林課は、農林業に関する相談や技術の普及指導、各種助成支援などを行っています。その中で私は、市民参加型の森林体験を企画運営したり、森林整備に係る助成支援や設計、契約事務などを担当しています。事業を進めていく中で、期間や予算に制限があるなど、厳しい場面に直面することもありますが、市民の方から「ありがとう」「お世話になりました」と声をかけてもらえた時にやりがいを感じます。

この仕事を選んだ理由

 気兼ねなく何でも相談でき、和気あいあいとした楽しい職場です。

この仕事を選んだ理由

 学生時代、行政主催の森林ボランティア活動への参加がきっかけとなり、森林教育に興味を持ちました。そうした中、本市の林業施策にひかれ、森林の大切さや魅力を発信できる仕事がしたいと思い現在の職を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 仕事と育児を両立しながら安心して働くことができる職場です。私達と一緒に広島市の林業を盛り上げましょう!!皆さんと共に働ける日を心よりお待ちしております。

ある日のスケジュール

 南川理恵の画像28時10分 ≪出勤≫職場の清掃
 8時30分 ≪始業≫業務の準備、一日のスケジュール確認
 9時00分 ≪現地調査≫里山整備の要望場所へ出向き調査
11時00分 ≪地元説明会≫町内会へ里山整備に関する事業説明を行う
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪電話・窓口対応≫森林整備や伐採に関する問合せなど
15時30分 ≪事務処理≫地元説明会の記録、報告の作成など
16時30分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを確認、育児時間休暇(45分)を取得し退庁
17時00分 保育園へ子供を迎えにいく

広島市の林業再生と中山間地域の活性化を目指して

  安松 環 (平成22年度採用)

 安松環の画像 経済観光局農林水産部農林整備課 技師

  配属歴:佐伯区役所農林建設部農林課(3年間)→安佐北区役所農林建設部農林課(3年間)→現職2年目
  (※平成30年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 広島市の森林は市域面積の6割を超え、木材生産、水源かん養、土砂災害の防止など、市民生活に恩恵をもたらす貴重な財産であり、健全な状態で次世代に引き継いでいく必要があります。しかし、林業の採算性の悪化などにより森林の荒廃が進んでいます。
 私は、こうした森林の適切な管理を推進するため、林業の担い手の育成や森林整備の助成事業を企画しています。また、多くの市民の方に森林に関心を持ってもらうための講演会等の企画や森林ボランティアの支援を行っています。区役所職員と協力し、地域住民と話をしながら、現状の課題を洗い出し、必要な事業を企画、実施していく仕事にやりがいを感じます。区役所での職務経験を生かして、現場の声を少しでも施策に反映できるように取り組んでいます。

この仕事を選んだ理由

 学生時代、農山村地域で農林業の支援をするボランティアをしていました。地域の高齢化、過疎化の現状を知り、地域のために何かできないかと考えていました。地域の活性化のためにも、農山村の基盤である農業や林業等の振興をする仕事をしてみたいと思い、現在の仕事を選びました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 市役所は様々な方が利用されるので、分野も多岐に渡ります。専門職は専門性を問われることもありますが、それにとらわれることなく、幅広い視野を持つことも大事だと思います。ぜひ、いろいろなことにチャレンジし、見聞を広めていただきたいです。

ある日のスケジュール

 8時10分 ≪出勤≫新聞記事のチェック
 8時30分 ≪始業≫メールや回覧物の確認
 9時00分 ≪地元説明会≫住民の方に事業説明を行う
12時00分 ≪昼食≫職場で弁当を食べる
13時00分 ≪現地検査≫森林整備の助成事業の現地確認を行う
16時00分 ≪打合せ≫講演会の企画内容について協議
16時30分 ≪接客≫電話対応やメールの返信
17時00分 ≪事務処理≫報告書、企画資料の作成
19時30分 ≪退庁≫翌日のスケジュールを確認し、退庁

健全な森林の保全と育成に向けて

  米田 俊 (平成25年度採用)

 米田俊の画像 経済観光局農林水産部農林整備課森林係 技師

  配属歴:安佐北区役所農林建設部農林課(2年間)→現職1年目
  (※平成28年3月時点)

私の仕事とそのやりがい

 広島市は、森林が市域面積の3分の2を占めている緑豊かな都市です。しかしながら、全国的に問題となっている放置され荒廃した森林の増加が進展しており、森林の持つ公益的な機能の低下が危惧されています。
 私は、現在、荒廃森林の対策を含めた森林行政全般を担当する部署に所属しており、施策立案や市有林の整備に携わっています。森林行政を進めるためには、国の施策の導入や市内部の予算折衝、議会対応など、やるべき事がたくさんあり、また市民の関心の高い有害鳥獣対策等で重圧を感じる場面も多々ありますが、仕事を通じて幅広い知識が習得でき、職場の上司や先輩に協力してもらいながらも、自分の考えが施策に反映される点で、非常にやりがいを感じています。

この仕事を選んだ理由

 学生時代に手入れの不十分な森林が、災害や獣害等の問題に直面している現状を目の当たりにし、森林の保全や林業の振興に関わる仕事に携わりたいと考えるようになりました。そこで、出身地である広島市の林業振興に関わる仕事に就きたいと思い、公務員を志望しました。

広島市職員を志望される皆さんへ

 自分にどんな仕事が向いているのか、考え出せば悩みは尽きませんが、大切なのは、自分自身の描く大きな軸を持っておくことだと思います。最後まで自信を持って、進路を切り開いてください。その先にはきっと、やりがいのある仕事が待っています。皆さんと一緒に働ける日を心よりお待ちしています。