ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 年報・学会発表 > 年報 > 創刊号~第37号(平成29年度) > 広島市衛生研究所年報第34号(平成26年度)

本文

ページ番号:0000000199更新日:2015年12月10日更新印刷ページ表示

広島市衛生研究所年報第34号(平成26年度)

年報第34号(平成26年度) 掲載論文等一覧

総務等[PDFファイル/268KB]

  • はじめに
  • 沿革
  • 組織機構及び業務内容
  • 庁舎及び施設概要
  • 予算概要
  • 会議・研修等

業務報告

調査研究報告

資料

他誌掲載論文[PDFファイル/195KB]

  • カンピロバクターの型別方法の検討と分離菌株の特徴
  • 食中毒の新しい病原体クドア・セプテンプンクタータ
  • 広島市で発生したクドア属粘液胞子虫による食中毒事例の検査対応
  • 腸管出血性大腸菌の試験法のコラボレイティブ・スタディによる検討
  • VT1産生腸管出血性大腸菌O26:H11株の分子学的解析
  • 市販生カキからの胃腸炎ウイルス検出状況
  • ウイルスを主とした広域事例調査手法の検討

学会発表[PDFファイル/140KB]

  • 食中毒事例から分離されたカンピロバクターの分子疫学解析
  • 同一事例で検出されたノロウイルスG2/4のN/S領域における塩基配列差についての検討
  • 感染症発生動向調査事業における呼吸器感染症患者からのウイルス検出状況(2012~2013年)
  • 広島市で検出されたA型肝炎ウイルスの分子疫学的解析
  • 広島市東部地域における環境大気中ダイオキシン類調査について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)