ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 年報・学会発表 > 年報 > 創刊号~第37号(平成29年度) > 広島市衛生研究所年報第25号(平成17年度)

本文

ページ番号:0000000190更新日:2010年2月22日更新印刷ページ表示

広島市衛生研究所年報第25号(平成17年度)

 広島市ホームページ上では、広島市ホームページガイドライン、広島市アクセシビリティ指針・指導マニュアルにより、使用する文字に制限があり、機種依存文字は使用できないことになっています。

 そのため、衛生研究所関連ホームページでは、人名外字や、法律・規則・学術用語等で使用されている丸数字やローマ数字などは、代替え文字などで表現しています。

年報第25号(平成17年度) 掲載論文等一覧

業務報告

調査研究報告

資料

他誌掲載論文[PDFファイル/20KB]

  • カキのノロウイルス定量検査の改良,標準化に関する研究-混合カキ検体からのノロウイルス濃縮操作におけるアミラーゼ処理の有用性-
  • Characterization of a multidrug-resistant isolate of Salmonella Paratyphi B from Japan
  • 細菌性食中毒の予防に関する研究 鶏肉におけるカンピロバクター食中毒の予防に関する研究-気密性袋を用いた好気培養法による定量・定性検査法の有効性評価-
  • Genotypic characterization of Clostridium botulinum strains producing TypeA neurotoxin complexes by random amplified polymorphic DNA and PCR-RFLP analysis
  • Genomic analysis of a multidrug-resistant strain of enterohaemorrhagic Escherichia coli O157:H7 causing a family outbreak in Japan
  • Evaluation of pulsed-field gel electrophoresis analysis performed at selected prefectural institutes of public health for use in PulseNet Japan

学会発表[PDFファイル/21KB]

  • 広島市における残留農薬一斉分析の現況
  • Multiple-Locus Variable-Number Tandem-Repeats Analysis(MLVA)による腸管出血性大腸菌O157:H7の分子疫学的解析法の検討
  • Multiple-Locus Variable-Number Tandem-Repeats Analysis(MLVA)によるO157:H7の分子疫学的解析法の検討
  • フグ中毒(疑)事例におけるミトコンドリア・シトクロムb遺伝子による肝残品の魚種同定
  • 広島市におけるサルモネラの薬剤耐性状況と薬剤耐性遺伝子
  • ケミカルハザード施設内におけるダイオキシン類濃度

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)