ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 教育 > 広島市教育委員会 > 教育委員会 > 活力ある青少年の育成 > 青少年の健全育成 > ケータイ・スマホ等の“10オフ運動”、“出前講座”を実施しています

本文

ページ番号:0000017082更新日:2021年11月29日更新印刷ページ表示

ホームページに掲載している教育委員会議議事録は、汎用性を考慮し、人名や地名など一部の表記について原本と異なる場合があります。

ケータイ・スマホ等の“10オフ運動”、“出前講座”を実施しています

ルールづくりワークシート本市では、全市立小・中学校とPTA等と教育委員会が一体となって、“10(テン)オフ運動”(「午後9時以降は送信しない。遅くとも10時までには使用をやめる。」などの取組)を次のとおり実施しています。

1.目的
 携帯電話・スマートフォン等の急速な普及や無料通信アプリの浸透等により、長時間使用による生活習慣の乱れや新たないじめなどの問題が台頭するとともに、家族とふれあう機会や自宅で学習や読書をする時間が減少している状況にある。このため、全市立小・中学校、PTA、教育委員会等の関係機関・団体が一体となり、メッセージのやり取りを止められない児童生徒の悩みを解決するとともに、規則正しい生活習慣の定着を図ることを目的として、携帯電話・スマートフォン等の適切な使用を促進する取組を展開する。

2.取組内容 

 (1)“10(テン)オフ運動”の展開
  「午後9時以降は送信しない。遅くとも10時までには使用をやめる。」「家庭で話し合って使用に関するルールをつくる。」ことについて、学校、PTA、教育委員会が全市一斉に保護者や児童生徒に呼びかける。

 (2)“10(テン)オフ強化週間”の展開

 ・長期休暇に入る前に“10オフ運動の強化週間”を年間2回設定する。

 ・スマホや無料通信アプリとの付き合い方について、児童生徒に考えさせる取組を各学校の実態に応じて実施する。

 ・ルールづくりワークシートを使って、心配なこと、困っていることを書き出し、ルールや約束を作り、1週間取り組む。

  ルールづくりワークシート [PDFファイル/806KB]

参考
広島市では、家庭・学校・地域及び教育委員会が連携し一体となって効果的な取組を推進するため、教育委員会(育成課・指導第一課・指導第二課・生徒指導課)広島市小学校長会 広島市公立中学校長会 広島市PTA協議会 広島市電子メディア協議会による「電子メディアと子どもたちに関する関係者会議」を設け、情報共有と連携を行っています。

【広島市電子メディア協議会】が実施する“出前講座”について

 テンオフ運動のチラシ広島市電子メディア協議会では、青少年と電子メディアとの健全な関係づくりに取り組むことにより、広島市の青少年の健全な育成を図ることを目的とし、保護者・地域の方を対象に出前講座を開催しています。

 ケータイ・スマホの過度の利用による影響や、ネットトラブルの事例などを交えながら、ルールやマナーを守り、SNS・インターネット等とどのように付き合っていくべきかをお話いたします。

 PTA活動や保護者会など、広島市内での開催であれば、無料で開催いたします。詳しくは下記問い合わせ先まで御連絡ください。

 出前講座の申請書は下記ダウンロードよりダウンロードしてください。 

  広島市電子メディア協議会ホームページ<外部リンク>

ダウンロード

出前講座申込申請書 [Wordファイル/42KB]

出前講座実施報告書 [Wordファイル/36KB]

“10オフ運動”チラシ(483KB)(PDF文書)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)