ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 原爆・平和 > 核兵器廃絶に向けた取り組み > 平和への取り組み・平和の推進 > 「核兵器攻撃被害想定専門部会報告書」の英訳版を作成

本文

ページ番号:0000009605更新日:2019年10月21日更新印刷ページ表示

「核兵器攻撃被害想定専門部会報告書」の英訳版を作成

 核兵器が使用された場合に都市が受ける被害の甚大さを国内外の人々に伝え、核兵器廃絶に向けた世論の醸成を図るため、「核兵器攻撃被害想定専門部会報告書」の英訳版を作成しました。

これまでの経緯

 広島市では、広島市国民保護計画の策定に当たり、広島市国民保護協議会に核兵器攻撃被害想定専門部会を設け、独自に被害想定を行いました。
 平成19年(2007年)11月9日に、核兵器攻撃被害想定専門部会から広島市国民保護協議会へ核兵器攻撃被害想定結果の報告(「核兵器攻撃被害想定専門部会報告書」)が行われました。
 報告書は、付録を含め150ページにも及ぶ膨大なものであるため、平成20年(2009年)3月、既存の概要版(8ページ)を基本に被爆の実相を示す写真や図表等を追加して、できるだけ理解しやすくした概要版を作成しました。
 さらに、この度、「核兵器攻撃被害想定専門部会報告書」本文(全文)の英訳版を作成しました。

 なお、広島市国民保護計画(平成20年3月17日策定)、核兵器攻撃被害想定専門部会報告書については、関連情報「広島市の国民保護への取組み」でご覧になれます。

関連情報

広島市の国民保護への取組

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)