ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 原爆・平和 > 被爆の実相・復興・被爆者援護等 > 被爆建物等の保存・継承 > 「被爆建物めぐり」を実施します

本文

ページ番号:0000229204更新日:2021年6月11日更新印刷ページ表示

「被爆建物めぐり」を実施します

 原子爆弾の投下により、あたり一面焼け野原となった被爆地ヒロシマ。

 被爆後、使用に耐えない建物の取り壊しや建て替えが進み、被爆建物が次々と姿を消しています。その中で現在、爆心地から半径5km以内には原爆ドームなど86件の被爆建物が残り、「物言わぬ証人」として被爆の実相を語り続けています。

 今回は被爆建物の「本川小学校平和資料館」と「平和記念公園レストハウス」、「旧日本銀行広島支店」を歩いてめぐります。

 

1 日時

 令和3年 7月10日(土曜日)午前10時00分~正午 (雨天決行)

 

2 集合場所

 本川小学校平和資料館入口付近(中区本川町1-5-39)

 ※アクセス:バス「本川町」、電車「本川町駅」すぐ

 

3 内容

 市民団体「廣島・ヒロシマ・広島を歩いて考える会」の多賀俊介さんのガイドにより被爆建物等を歩いてめぐります。

 ⑴ コース

   本川小学校平和資料館(本川国民学校)→平和記念公園レストハウス(燃料会館)

   →旧日本銀行広島支店(日本銀行広島支店)

 ⑵ 所要時間

   約2時間

4 定員

 20名程度

 

5 申し込み

 参加ご希望の方は、往復はがきに、必要事項(催し名、住所、氏名(フリガナ)、年齢、電話番号)を記入し、6月28日(月曜日)(必着)までに、広島市平和推進課へご応募ください。1枚につき3名までの申込とさせていただきます。参加希望者多数の場合は、抽選により決定します。当落については、返信用はがきでご連絡いたします。

 ※お申し込みいただいた方の個人情報(住所・氏名・電話番号等)は厳重に管理し、「被爆建物めぐり」のご案内のみに使用します。

 

6 申し込み・問い合わせ先

 広島市平和推進課 住所 〒730-0811 広島市中区中島町1-5 

 電話番号 082-242-7831

 

7 その他

 広報紙「ひろしま市民と市政」 6月15日号 掲載