ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > メールマガジン > 広島市食品安全情報センターニュース 第3号

本文

広島市食品安全情報センターニュース 第3号

メルマガ 発行日時
広島市食品安全情報センターニュース 〜食品事業者向け〜 2020年06月10日 16時50分

 

広島市食品安全情報センターニュース 第3号

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
広島市食品安全情報センターニュース  第3号 6月  日発行
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

登録していただいた方に、「広島市食品安全情報センターニュース 第3号」をお届けします。


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     有毒植物に注意しましょう 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

今年4月以降、有毒植物の誤食による食中毒が全国で相次いでいます
過去には有毒植物による食中毒で死者も発生しているので注意しましょう!

―――――――――――――
 ★★★ 注 意 ★★★
―――――――――――――

食用の野草と確実に判断できない植物(「似ている」と思うものなど)は
絶対に「採らない、食べない、売らない、人にあげない」ようにしましょう!!

――――――――――――――――――――
  食用と間違いやすい有毒植物の例
――――――――――――――――――――
○イヌサフラン
 【中毒症状】
  嘔吐、下痢、皮膚の知覚減退、呼吸困難。
  重症の場合は死亡することもある。
 【間違いやすい植物】
  (葉)ギョウジャニンニク、ギボウシ など
  (球根)ジャガイモ、タマネギ など

○スイセン 及び スノーフレーク
 【中毒症状】
  食後30分以内で、吐き気、嘔吐、頭痛など。
  (スイセンでは、悪心、下痢、流涎、発汗、昏睡、低体温などもある。)
 【間違いやすい植物】
  ニラ など
  (スイセンは、ノビルやタマネギにも間違われやすい)

○トリカブト
 【中毒症状】
  食後10〜20分以内で、口唇、舌、手足のしびれ、嘔吐、腹痛、下痢、不整脈、血圧低下、けいれん、
 呼吸不全に至って死亡することもある。
 【間違いやすい植物】
  ニリンソウ、モミジガサ など

○ヒメザゼンソウ 
 【中毒症状】
  食後すぐに唇のしびれ、口腔内の腫れ、胃痛などをおこす。
 【間違いやすい植物】
  オオバギボウシ(ウルイ)など

○バイケイソウ
 【中毒症状】
  嘔吐、下痢、手足のしびれ、めまいなど。
  死亡することもある。
 【間違いやすい植物】
  オオバギボウシ(ウルイ)、ギョウジャニンニク など

○グロリオサ
 【中毒症状】
  口腔・咽頭灼熱感、発熱、嘔吐、下痢、背部疼痛などが発症し、臓器の機能不全などにより、死亡することもある。
 【間違いやすい植物】
  (根)ヤマイモ

○チョウセンアサガオ
 【中毒症状】
  口の渇き、瞳孔の散大、意識混濁、興奮、麻痺、心拍数の増加 など
 【間違いやすい植物】
  (葉)モロヘイヤ、アシタバ
  (根)ゴボウ 
  (種)ゴマ など
  
―――――――――――
   予 防 方 法
―――――――――――
○ 食用の野草と確実に判断できない植物は絶対に「採らない、食べない、売らない、人にあげない」ようにしましょう。
○ 家庭菜園や畑などで、野菜と観賞植物を一緒に栽培するのはやめましょう。
○ 食用の植物だと思っても、植えた覚えのない植物を食べるのはやめましょう。
○ 山菜に混じって有毒植物が生えていることがあります。山菜狩りなどをするときは、
 一本一本よく確認して採り、調理前にもう一度確認しましょう。

※野草を食べて体調が悪くなったら、すぐに医療機関を受診しましょう。

★☆★詳しくはこちらから★☆★
↓↓有毒植物による食中毒に注意しましょう(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/yuudoku/index.html<外部リンク>

↓↓自然毒のリスクプロファイル(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html<外部リンク>


■□━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       
   食中毒に関する情報(全国)  
                  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━□■

メインニュースでは、4月及び5月に発表された全国の食中毒事例等を紹介しています。
掲載内容の概要は以下の通りです。

◆令和2年4月1日から令和2年5月31日までに、全国で次のような食中毒事件が発表されています。
───────────────────────────────────────────────────
発生場所        原因施設        原因食品            病因物質
───────────────────────────────────────────────────          
大分県玖珠郡      食肉販売店       鶏の肝刺し           カンピロバクター   
岐阜県関市       食料品販売店      酢サバ             アニサキス
広島県         家庭          スイセン(推定)        植物性自然毒(推定)
島根県大田市      家庭          フグ(種類不明)        テトロドトキシン
北海道小樽市      家庭          イヌサフラン          コルヒチン
宮城県仙台市      高齢者施設       食事              ウエルシュ菌
岐阜県         家庭          バイケイソウ類         植物性自然毒
宮城県仙台市      家庭          ヒメエゾボラ(ツブ貝)     テトラミン(推定)
───────────────────────────────────────────────────

★★★メインニュースはこちらから★★★
↓↓ 食品安全情報センターニュース(広島市ホームページ)
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/syokuhin-eisei/8058.html

※メインニュース「食中毒事件発生情報 第2号」及び「食中毒事件発生情報 第3号」(PDFファイル)をダウンロードしてください。
※メインニュースの掲載まで時間がかかることがあります。最新のメインニュースがダウンロードできない場合、時間をおいて再度アクセスをお願いします。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
広島市ホームページにも「食の安全・安心」に関する情報を掲載しています(食品関係)
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/syokuhin-eisei/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
バックナンバーはこちらから
https://www.city.hiroshima.lg.jp/mailmaga/
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
このメールの配信先の変更・登録解除はこちらから
https://www.city.hiroshima.lg.jp/mailmaga/
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

質問、意見等がございましたらこちらまで↓
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
広島市食品安全情報センター(広島市保健所食品保健課)
〒730-0043
広島市中区富士見町11番27号
TEL:082-241-7434 FAX:082-241-2567
E-mail:shokuhin@city.hiroshima.lg.jp
ホームページ
https://www.city.hiroshima.lg.jp/site/syokuhin-eisei/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++