ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 総合トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 報道関係資料 > 報道関係資料 > 2021年 > 7月 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

本文

ページ番号:0000233219更新日:2021年7月2日更新印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

ヘッダー画像

令和3年(2021年)7月 2日(金)
健康福祉局保護自立支援課
課長:石井 桂子
電話:504-2707
内線:3807

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない世帯に対し就労による自立を図るため、また、それが困難な場合は生活保護の受給につなげるために、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(以下「支援金」という。)を支給します。

 

【事業の概要】

1 支給対象者

以下の⑴から⑸のいずれにも該当する方

⑴ 総合支援資金の再貸付を終了した方等

⑵ 世帯の生計を主として維持している方

⑶ 一月の世帯収入が、市民税均等割額が非課税となる収入額の1/12(以下「基準額」という。)と生活保護の住宅扶助基準額の合算額以下

⑷ 金融資産の合計額が基準額の6倍以下(100万円を超える場合は100万円以下)

⑸ ハローワークでの相談や、応募・面接等の求職活動を実施、又は生活保護を申請

※ ⑶及び⑷の具体例(単身から4人世帯までの場合)

世帯 単身 2人 3人 4人
⑶収入要件 (月額 )  12.2万円以下 17.6万円以下 22.1万円以下 26.3万円以下
⑷資産要件(申請時) 50.4万円以下 78万円以下 100万円(上限)

2 支給額(一月当たり)

単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

3 支給期間

3か月

4 申請期間

令和3年7月5日(月)から令和3年8月31日(火)まで郵送にて受付(消印有効)

 

以下のとおりコールセンターを設置し、支援金の申請相談や郵送による申請書の受付等を行います

広島市生活困窮者自立支援金コールセンターの概要

【開設期間】 令和3年7月5日(月)~令和3年11月30日(火)

※ 申請期限は、令和3年8月31日(火)となっていますのでご注意ください。

【業務内容】 電話による申請相談、申請書の送付、郵送による申請書受付、届出書類確認等

【専用ダイヤル】 082-567-5690

【受付時間】 午前9時から午後5時15分まで

(土、日、祝日を含む。ただし、令和3年9月以降は平日のみ。)

【開設場所】 〒730-0042 広島市中区国泰寺町一丁目8-20 国泰寺信愛ビル6階

 

生活困窮者自立支援金(広島市ホームページ)へ

 

 

 

フッター画像