1. サイトマップ

本文の開始

連携協約に基づき推進する取組(生活面)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

生活面 どこに住んでも安心で暮らしやすい都市圏を創る

圏域の中心となる広島市等に、圏域内住民が生活していく上で必要となる医療や教育などの高次都市機能が備わっており、かつ、充実した広域的公共交通網により圏域内住民がそれらの機能を利用しやすい環境が整っています。このような高次都市機能を圏域で共有し、東京圏・関西圏に出て行かずとも、圏域内の住民が、必要とする高次都市機能を容易に享受できる圏域を目指します。 

主な事業

事業名

救急相談センター事業の実施

事業概要

圏域を対象とした救急相談センター事業を実施することにより、24時間365日体制で電話による救急医療相談を受け付け、緊急度が高い場合には119番へ転送し、緊急度が低い場合には応急処置の助言等を行うとともに、併せて受信可能な医療機関を案内する。

 

事業名

圏域内公共交通網の充実・強化

事業概要

圏域内市町と共同で「広島広域都市圏における『連携中枢都市圏』検討会議 交通部会」を設置し、課題を抽出した上で、圏域全体の公共交通網の充実・強化に連携して取り組む。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

企画総務局 企画調整部 広域都市圏推進課
電話:082-504-2017 / FAX:082-504-2029
メールアドレス:kouiki@city.hiroshima.lg.jp