1. サイトマップ

本文の開始

第272号(平成29年4月発行)6ページ

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷
予算特別委員長報告


 予算特別委員会では、平成29年度関係議案について、去る2月23日以来、連日にわたって慎重に審査を重ねました。
 その結果、「第1号議案 平成29年度広島市一般会計予算」に対して1件の修正案が提出され、所定の手続きに従い、討論・採決を行った結果、賛成多数をもって原案どおり可決されました。
 また、その他の諸議案については、討論・採決を行った結果、いずれも賛成多数をもって原案どおり可決されました。これを受け、3月22日の本会議で、本委員会の元田賢治委員長が、平成29年度関係議案の審査の経過と結果を報告しました。
 以下、要望事項の主なものについてご報告いたします。

◆要望事項:
●時間外勤務の縮減については、職員間の業務の平準化を徹底するなど全庁一丸となった取り組みを着実に推進すること。
●200万人広島都市圏構想の実現に向け、圏域全体で発展するという観点に立ち、広島広域都市圏発展ビジョンに掲げる施策の着実な実施とさらなる拡充を進めること。
●重大な消防法令違反がある建築物に対しては、法令違反が早期に是正されるよう指導を強化し、是正されない場合は警告を行うなど適正に対応すること。
●県費負担教職員に係る包括的な権限の移譲後は、本市の実情に応じた特色ある教育をより一層推進するとともに、優秀な人材の確保に向けて、より良い採用試験のあり方を検討すること。
●特別支援学校については、児童生徒数の大幅な増加に対応するため、今後のあり方について早急に方針をまとめ、より良好な教育環境を整備すること。
●学校のトイレの洋式化については、各学校の要望を踏まえ、積極的に取り組むこと。
●平和大通りのにぎわいづくりに当たっては、都市再生特別措置法を活用した店舗の常設など、年間を通じたにぎわいの創出に取り組むこと。
●恵下埋立地の建設予定地で確認されたダイオキシン類を含む燃え殻については、周辺住民への丁寧な説明と速やかな情報提供を行い、十分な安全性を確保した上で処理すること。
●高齢者いきいき活動ポイント事業については、利用しやすく、公平感のある制度となるよう努めること。また、事業開始後に詳細な調査を実施し、事業の効果を検証すること。
●特定健康診査については、生活習慣病予防が重要であるとの認識のもと、医師会と一体となって、受診率向上に、より一層取り組むこと。
●広島高速4号線の延伸による山陽自動車道への接続については、分合流の安全性に十分配慮した上で、早期接続に向けた事業化の検討を進めること。
●西風新都環状線(善當寺工区)の整備に当たっては、事業費の縮減に努めること。
 以上、申し述べました要望事項のほか、委員会審査において各委員から述べられた指摘ならびに要望や意見、さらには各会派から提出された要望事項についても、今後の行政執行に当たって、十二分に反映していただくよう併せて要望しておきます。
 最後に、長期間にわたっての委員ならびに理事者各位のご協力に対し、心から感謝申し上げ、委員長報告を終わります。

 

議会トピックス1.


議会改革推進会議で講演会を開催
 1月26日木曜日に、議会改革推進会議で講演会を開催しました。同会議は、議会改革の推進について協議または調整を行う場で、今回は慶應義塾大学法学部教授の片山善博氏を講師にお招きし、「地方議会の改革および活性化について」をテーマに、約2時間にわたって、講演いただきました。

議会改革推進会議が議長に中間報告
 議会改革推進会議は、開かれた議会を目指し、情報公開の充実や常任委員会の活性化について検討するなど、議会改革の取り組みを推進しています。この度、平成27年度からの検討結果を中間報告書としてとりまとめ、3月23日木曜日にに議長へ提出しました。この中間報告書は、約2か年の検討結果や講演会の開催、平成30年度までのスケジュールなどをまとめており、ホームページに掲載しています。