1. サイトマップ

本文の開始

第268号(平成28年11月発行)2~3ページ

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 目の不自由な方に「ひろしま市議会だより」の点字版とデイジー版を発行しています。
希望される方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
〔申し込み、問い合わせ〕市議会事務局秘書広報室広報担当 TEL 504-2439 FAX 504-2448

 


一般質問発言項目
◎発言順に掲載(※紙面の都合上、1人2問以内で掲載しています。質問内容は、発言議員本人の提出によるものです。)

●児玉光禎
(自民党・保守クラブ・佐伯区)
市長の環境政策に対する政治姿勢


●宮崎誠克
(自由民主党・佐伯区)
東京オリンピック・パラリンピックに向けた事前合宿等の取り組み/重症心身障害児者の専門的な相談支援体制/農水産物を活用した都市の魅力づくり/安佐市民病院の建て替え/超高速ブロードバンド環境の整備


●馬庭恭子
(市政改革ネットワーク・中区)
被爆地ヒロシマの継承/市長の発言とサッカースタジアムの検討/地域包括ケア/廃棄物処分のあり方/市営住宅の活用と抽選/中学校の基準服の価格/育成型ジョブローテーション


●渡辺好造
(公明党・南区)
平和記念資料館/防災情報の発信及び共有/似島の離島振興に係る諸課題


●中森辰一
(日本共産党・西区)
核兵器廃絶に向けて/豪雨災害被災者支援/子どもの医療費補助制度/保育所待機児解消に向けて/就学援助/国民健康保険/介護保険サービスの保険はずし


●山本昌宏
(市民連合・西区)
ひとり親家庭への支援/保育園待機児童の解消/指定管理者制度/子ども医療費補助制度/己斐のまちづくり/JR新井口駅バリアフリー化/平和行政の推進


●木山德和
(自由民主党立風会・中区)
サッカースタジアム建設及び旧市民球場跡地の活用方策


●海徳裕志
(広島市民クラブ・安佐南区)
広島豪雨災害被災地の復興まちづくり/道路・街路の整備/広島市における幼児教育の取り組み


●森野貴雅
(広島維新の会・佐伯区)
サッカースタジアム建設問題/被爆地間の相互連携/オープンデータ/土砂災害警戒避難体制の整備


●元田賢治
(自民党・保守クラブ・南区)
スポーツ振興を通じての地域活性化/災害に強いまちづくり/学校給食における、食中毒の未然防止/都心のおもてなしステーション


●山田春男
(自由民主党・西区)
スポーツ施設の整備/国道2号高架延伸事業の再開/認知症支援対策/JR西広島駅周辺地区のまちづくり


●安達千代美
(公明党・安佐南区)
食品ロスの削減/健康寿命の延伸/B型肝炎ワクチンの定期接種化/通学路等における安全対策/学校施設の非構造部材等の耐震化



児玉光禎
自民党・保守クラブ

環境政策に対する市長の政治姿勢は

 

質問  産業廃棄物の不適正処理について厳しい対応が求められる中、本市域で産業廃棄物の収集等を行うA社において、法令違反を疑われる事案が発生しました。当該事案に対する市の見解と対応はどうなっていますか。また、市民生活に直結する産業廃棄物行政という大きな使命に対する市の姿勢について、市長はどう考えていますか。


答弁 産業廃棄物の減量や適正な処理は、市民の良好な生活環境を保全する上で重要な課題の一つです。現在は、27年度に策定した「産業廃棄物処理指導計画」に沿って、排出の抑制や適正処理の徹底などに取り組んでいますが、不法投棄等重大かつ明白な違反行為については、未然防止を図ることが重要と考え、指導体制を強化し、立入検査や措置命令の発出など、所要の対応を速やかに行うこととしています。その他にも、業者に対する意識啓発や積極的な指導等に取り組み、違反がある場合は改善に向けた指導等を行い、市民の良好な生活環境の保全に努めていきます。A社の事案については、汚泥の積み上げの高さが違反状態にありました。改善に時間を要しましたが、現在は解消されており、引き続き監視・指導を行っていきます。

宮崎誠克
自由民主党

東京オリンピックに向けた取り組み

 

質問  事前合宿や競技施設の改修に国の財政措置があるホストタウンを、本市も早めに相手国のNOCなどにアプローチし積極的に推進すべきと考えますが、どうですか。


答弁 前合宿国をホストタウン登録の相手国とすることが最も効果的と考え、関係団体との情報共有や県と連携した誘致に取り組んでおり、現時点で公表はできませんが複数の国と交渉を進めています。大半の国がリオ大会終了後に本格的に検討するとしているため、今後改めて働きかけを強めたいと考えます。

農水産物を活用した都市の魅力づくり

 

質問  農水産物を活用した本市の新たな魅力づくりについて、市内中心部で200万人広島都市圏に含まれる市町と連携したマルシェの開催が効果的と考えますが、どうですか。


答弁 地産地消の推進やマルシェの開催には圏内農産物の生産拡大が不可欠と考え、圏内市町と連携し担い手育成体制の充実・強化に取り組みます。合わせてイベントや直売所などで住民に圏内農産物をPRし、消費の促進と生産の好循環を生み出し新たな都市の魅力となるような地産地消の仕掛けづくりについて検討していきます。

馬庭恭子
市政改革ネットワーク

廃棄物処分のあり方

 

質問  県の出島処分場は5%しか埋まっておらず、市の一般廃棄物を出島に搬入すればよいと思います。実施しない理由は何ですか。恵下埋立地はより安全性の高い計画にしなければならないので、搬入経路を変更してはどうですか。


答弁 恵下埋立地を計画通り整備すれば、出島を活用しなくても長期的で安定的なゴミ処理体制は確保できると思っています。恵下埋立地の整備は、搬入道路を予定していた広島湯来線の新設改良工事が遅延しているため、現道を利用するしかない状況ですが、安全・安心の確保に最優先で取り組み、今後の対応は地元町内会連合会との協議を踏まえて適切に行います。

市長の発言とサッカー場

 

質問  最終的にはみなと公園と旧市民球場跡地に絞られましたが、中央公園が候補地として出ました。検討協議会の結論との整合性はどうですか。場所の決定は4者会談で決めるのですか。なぜ非公開なのですか。


答弁 候補地の一つだった中央公園広場は、同協議会で最終的に推す意見がなかったものの、4者の意見交換会で、その他の候補地として検討する整合性は図れるとしました。候補地は3者で検討し、4者で協議を行います。率直な意見交換を行うため非公開としましたが、今後意見集約となれば公開したいと考えます。

渡辺好造
公明党

平和記念資料館の保存経費の確保は大丈夫か

 

質問  同館が所蔵している資料の量を考えると、劣化状況の調査や保存措置の必要経費は今後多額になるものと見込まれますが、予算の確保について、どう考えていますか。


答弁 28年度から、平和記念資料館観覧料の改定による増収相当額を積み立てる原爆ドーム保存事業等基金を活用して、被爆資料等について保存措置の強化に取り組んでいます。資料館が保有する資料の数は膨大であり、29年度以降も予算を十分確保し、しっかり取り組みたいと考えます。

似島の離島振興をどう具体的に取り組むのか

 

質問  25年12月に策定された「広島県離島振興計画」にも「似島地域振興計画」が掲載されていますが、これは総花的であり、より具体的な推進施策を策定する必要があります。今後の似島の離島振興に向けた市の取り組みを教えてください。


答弁 似島地域振興計画を、1.安心して暮らせるための日常生活機能の充実、2.観光資源の開発と自然や歴史・文化資源を生かした交流人口の拡大の2本柱に絞り、さらに具体的・効果的な事業計画を策定しているところです。これを起爆剤に、全庁を挙げて活性化に有効な施策を展開していきたいと考えます。

中森辰一
日本共産党

子ども医療費補助制度

 

質問  対象年齢の拡大は評価しますが、全国に例がない二重の所得制限は、全国に対して恥ずかしい制度だと言わざるを得ません。所得制限の中の所得制限規定を削除する条例改正を行うべきと考えますが、どうですか。


答弁 子どもの医療費補助制度は本来国が整備すべきもので、自治体間で内容を競うべきものではないと考えます。28年3月に可決されたこの制度改正について「引き続きさらなる充実に向けて取り組むことを求める」旨の付帯決議を踏まえ、29年1月から制度を施行した上で、実態等の調査を行い、関係者の意見、他都市の状況、本市の子育て施策や財政状況などもみて、さらなる充実に向けて検討していきます。

国民健康保険料

 

質問  国保料は所得に比べてあまりに高すぎです。収入が低いほど保険料に回す余裕がないため、収入が低いほど保険料の負担率を低く抑える制度をつくるべきと考えますが、どうですか。


答弁 保険料設定のあり方については、まずは国が検討すべき問題であり、本市で独自に検討を行うにはなじまないものと考えます。なお、国において26年に低所得者に対する保険料軽減措置の対象が拡大され、以降も一層の拡充が図られています。 

山本昌宏
市民連合

新井口駅北口のアクセス改善を!

 

質問  JR新井口駅のバリアフリー化および北口からのアクセス改善は、どのように取り組んでいくのですか。


答弁 同駅には、19~20年度にJR西日本が、下り線ホームのエレベーターの設置などをしました。上り線ホームは、接している市道北側民有地を買収の上、駅2階コンコースと上り線ホームを結ぶ連絡通路およびエレベーター設置案について、関係者間で協議調整を行い、現在階段のみの市道から駅2階改札口へのアクセスも、合わせて改善を検討します。

待機児童に新サービスを!

 

質問  待機児童の解消は喫緊の課題で、本市でも「送迎保育ステーション事業」など保育需要にあったサービスを実施する必要がありますが、どう考え、今後どう対応しますか。


答弁 同事業は空きのある既存保育園の有効活用になる一方、実施自治体の中には、子どもの安全確保のため3歳以上に限定したり、保護者の定期的な保育園の訪問を利用条件とすることへの負担などの課題があると聞いています。事業の対象者や効果、地域の実情などを考慮し、私立保育園協会等関係団体と協議し、事業実施の可能性を検討したいと考えます。

木山德和
自由民主党立風会

旧市民球場跡地の活用

 

質問  元の跡地利用計画を白紙に戻した理由と、旧市民球場跡地委員会およびサッカースタジアム検討協議会を設置した趣旨はなんですか。


答弁 同利用計画は、具体化に向けた経費の予算計上が、議会の承認が得られない等の理由でずれこみ、23年度当初予算審議過程では「新市長の判断の下で計上すべき」等の理由で関連予算が認められなかったものです。そのため、改めて跡地利用の考え方を整理して議会に提案するために、旧市民球場跡地委員会を設置しました。サッカースタジアム検討協議会は、県、市などが推薦する委員が個人の立場で議論し、課題の解決策を行政等に提案するためのものです。

旧市民球場跡地へサッカースタジアム建設を急げ

 

質問  多くの近隣諸団体が、同跡地にサッカースタジアムを建設し、跡地利用を進めるべきとの陳情や要望を提出しています。早く実施してはどうですか。


答弁 同跡地についての整備方針を早急に固めていくためにも、どのような新たなサッカースタジアムをどこに建設するかについて3者で協議し、サンフレッチェ広島の協力を得て、できるだけ早く意見の集約を図っていきたいと考えています。

海徳裕志
広島市民クラブ

広島豪雨災害被災地の復興まちづくり

 

質問  災地では砂防堰堤(えんてい)や都市計画道路等、基盤施設の整備が進んでいます。今後これらを踏まえた活力あるまちづくりを、市と地元とで進めていく必要があると考えますが、どうですか。


答弁 安佐南区梅林学区および安佐北区新建(しんだて)自治会では、復興まちづくり協議会が設立され、基盤施設の整備を踏まえて「復興まちづくりプラン」の作成に取り組んでいます。現在市では、同協議会の運営をサポートするなどして同プラン作成の取り組みを支援しているところです。引き続き支援するとともに、市として取り組む課題については、地域の皆様と十分に対話を重ね、その意向を汲み取り、課題解決に向けて取り組んでいきます。

毘沙門(びしゃもん)踏切の拡幅

 

質問  同踏切は、幅員が6mと狭い上に歩道がなく、歩行者は自動車などに遠慮しながら恐々と通行しています。安全で円滑な通行を確保するための対策が、早急に必要ではないですか。


答弁 同踏切は歩道がなく危険であるため、踏切の前後50mの区間について、拡幅整備に取り組んでいます。これまで北側用地の一部を取得していますが、引き続き残りの用地取得に努め、早期に拡幅整備が完了するよう取り組みます。

森野貴雅
広島維新の会

サッカースタジアムの早期建設を

 

質問  サッカースタジアム建設問題で中央公園案が再検討となりましたが、どこを候補地に決めるにしても、プロセスが明確でなければ早期建設とはなりません。中央公園案が再検討となった理由はなんですか。


答弁 最終的な候補地の絞り込みの段階で、中央公園案を推す意見がなかったことから候補地から外れました。27年7月の3者会談で旧市民球場跡地とみなと公園のうち後者を優位としましたが、28年3月にサンフレッチェ広島から前者の独自案が発表されたことから、8月と9月に4者の意見交換を行い、今後は中央公園広場も含め三つの候補地を4者が協力して再検討することとなったものです。

土砂災害警戒避難体制の整備

 

質問  県が土砂災害警戒区域を指定する説明会を行う前に、今後どのように警戒避難体制の整備に取り組むのか、事前説明を住民にしておくべきではないですか。


答弁 市としては、県主催の説明会であっても出席し、指定後の警戒避難体制の整備が円滑に進められるように説明を行ってきているところです。事前に町内会長等に対する説明を行うことについても、県に働きかけていきたいと考えています。

元田賢治
自民党・保守クラブ

似島で市民マラソンを

 

質問  似島の、風光明媚な景色を堪能できる環境等の特性を活用し、「アイランド似島マラソン」(仮称)を行い、市や似島の活性化につなげてはどうですか。


答弁 人口減少や高齢化が進む島しょ部の活性化を図る上で有意義な取り組みと考えます。開催するマラソン大会を成功させるためには地元住民の理解や走路の整備など、関係機関との調整も必要となります。大会の開催については、今後地元の意向を確認した上で関係部署とも協議していきたいと考えます。

災害対応の記録誌の作成

 

質問  今後の災害対応のため、8月20日豪雨災害の規模、広島市職員の初動時の対応等の事実を記録誌として作成すべきではと考えますが、どうですか。


答弁 大規模災害が発生した際にはその災害対応を教訓として今後の災害に備えることが重要と考えます。市では、消防局をはじめとする関係各局が、災害発生前からの活動の記録や、指定避難所運営マニュアルなど、災害に関する記録・マニュアル・被災者支援策などの作成やとりまとめなどを行っています。8月20日豪雨災害については、それらを一冊に編集し、各局に配布したいと考えています。

山田春男
自由民主党

国道2号高架延伸事業

 

質問  同事業の中断により、庚午北西広島バイパス入口交差点は交通渋滞が解消されず、事故が多発する県内有数の渋滞交差点となっています。早急に国と協議し、事業再開の見通しを示すべきではないですか。


答弁 27年6月に同事業差止め訴訟を棄却する最高裁の決定がくだされ、同事業の必要性が認められたと考えています。決定後、広島南道路開通後の交通状況について国と分析を行った結果、同事業の必要性が高いことが示されました。引き続き国と協議を行い、できるだけ早い時期に再開の見通しを示したいと考えます。

西広島駅北口地区のまちづくり

 

質問  防災・安全面から多くの課題を抱える同地区の土地区画整理事業の検討状況と今後の予定はどうなっていますか。己斐公民館の複合化は考えていますか。


答弁 JR西広島駅の交通結節点整備と合わせ、同地区の一定エリアを対象にまちづくりに取り組むこととしています。26年度から土地区画整理事業の検討に着手し、地元住民との勉強会などを行いました。今年度中には、まちづくり勉強会を開催し事業の実施について理解が得られるよう取り組んでいきます。己斐公民館の複合化については、ニーズなどを把握した上でどのような対応ができるか検討します。

安達千代美
公明党

食品ロス削減への対応

 

質問  家庭と事業所それぞれへの啓発を行うとともに、市民と事業者、さらに行政が一体となって機運を高めながら取り組みを進めていくことが重要だと考えますが、市は食品ロス削減対策にどのように取り組みますか。


答弁 食品ロス削減は重要であると認識しており、市民や事業者に対する意識啓発をはじめ各種事業を展開しているところです。今後もそれに加え、家庭での食品在庫の適切な管理の周知、料理の食べ切りや持ち帰りの協力店制度の導入等、市民、事業者、行政が一体となった取り組みを進めていきます。

健康寿命延伸への対応

 

質問  高齢者が積極的に社会参加し、生きがいを感じ元気な生活を送ることは、健康寿命を延ばすことになり、社会保障費の抑制にもつながります。市はそういった環境づくりにどう取り組むのですか。


答弁 高齢者が健康づくりや介護予防に取り組める環境づくりが必要だと考えます。市では施設整備や補助事業等を通じて地域の自主活動・交流の場づくりを支援しており、そういった事業等が、高齢者に地域のために活動していただく場を提供することにつながると考えています。今後も高齢者の健康づくり等に取り組める環境づくりを進めていきます。


〔用語解説〕

NOC
 国内オリンピック委員会。国際オリンピック委員会(IOC)加盟国のそれぞれにある国内組織の一般名称。

マルシェ
 市場(フランス語)

3者
 サッカースタジアム建設問題における、県、市、商工会議所のこと。

4者
 前項の3者にサンフレッチェ広島を加えたもの。

送迎保育ステーション事業
 同ステーションと指定保育園をバスで結び、園児を送迎する。平成27年度で13市区町村17カ所で実施している。

食品ロス
 まだ食べられるのに捨てられる食べ物。

 

 

議会活動への理解と認識を深め、より議会を身近なものとしていただくため、ホームページやフェイスブックを開設しています。ぜひご覧ください。
〔ホームページアドレス〕www.city.hiroshima.lg.jp/gikai/ 
〔フェイスブックアドレス〕www.facebook.com/hiroshimashigikai/