1. サイトマップ

本文の開始

請願第18号

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

  「被爆国首相よ8月6日9日を人類総ザンゲの日として休日に制定せよ」の合体標語を実現するために、まずは広島市議会において8月6日9日を人類総ザンゲの日として休日にする条例制定を求めることについて

 

 

被爆70周年3月に広島市議会が議決し、送付された合体標語の意見書実現のために、「被爆国首相よ8月6日9日を人類総ザンゲの日として休日に制定せよ」の合体標語をまずは広島市議会において条例制定をしていただくよう連署をもって請願する。

(請願要旨)

平成27年3月11日広島市議会より、安倍首相、衆・参議長へ送付された合体標語意見書「43年間、ヒロシマ・ナガサキ市民の門戸10万軒、純粋無()に表示されてきた合体標語が三十数万原爆犠牲者の()霊の願いであることを全国民が共有し・・」の実現のために、被爆者御存命中に、国への働き掛けと、合体標語の願いを広島市議会において条例制定していただきたい。

人類の未来のために、原爆から起こっている愛をヒロシマから発信していただきたい。