1. サイトマップ

本文の開始

  平和記念式典における議長の式辞

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

式辞 

 

 本日ここに、安倍内閣総理大臣をはじめ、ご来賓各位、被爆者、ご遺族の方々のご臨席と、国内外からの皆様方のご参列のもと、広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式を挙行するにあたり、原子爆弾の投下により犠牲となられた多くの御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。

 72年前の8月6日、一発の原子爆弾は、広島の街を一瞬にして破壊し、多くの尊い命を奪い、今なお、多くの人たちを苦しめ続けています。人類史上最初の核兵器による惨禍を体験した私たち広島市民は、被爆の実相と平和の尊さ、核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現を訴え続けてまいりました。

 さる7月7日に、国連本部で開催された核兵器禁止条約交渉会議において、同条約案が採択され、その前文に核兵器の使用による被害者(ヒバクシャ)に引き起こされる容認し難い苦しみと危害に留意すると被爆者の苦しみが明記されるとともに、核兵器の使用、開発、保有など、幅広い項目が禁じられたことは、核兵器廃絶に向けた新たな一歩として評価されるところであります。一方で、安全保障上の懸念から、核保有国や核の傘の下にある国々が、この会議に不参加であったことは事実にほかなりません。
核兵器のない世界の実現に向け、核保有国をはじめ世界各国のリーダーには、同条約の実効性を高めるための英断をしていただくことを強く望みます。

 私たちは、これからも被爆の実相と平和の尊さを訴え続けるとともに、平和を希求する人たちと共に手を取り合って、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向け、全力を尽くすことを改めてお誓い申し上げます。

 本日の式典にあたり、原子爆弾の犠牲となられた御霊に対し、謹んでご冥福をお祈り申し上げますとともに、今なお後遺症に苦しんでおられる被爆者並びにご遺族の方々への援護が一層充実強化されますよう念願いたしまして、式辞といたします。

 

    平成29年(2017年)8月6日

広島市議会議長     永 田 雅 紀

 

 

● 動画はご使用の端末環境により下記からご覧ください。
  Windows端末、Mac端末、iOS端末、Android端末を利用する方 →再生 
   Adobe Flash Playerを利用する方                     →再生 

 

 

平和宣言(市長)はこちら。

平和への誓い(こども代表)はこちら。

 

 

(ご利用について)

・ この動画は、広島市議会の公式記録ではありません。

・ ご使用になるパソコン、スマートフォン、タブレット端末の設定環境・通信環境等によってはご覧いただけない場合があります。