平成26年第5回定例会の議案と議決結果など

○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対
※除斥とは、議案に対して利害関係等がある場合に表決に参加できないこと。


■平成26年12月18日議決分
区分 議案番号 件名 質疑 討論
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・保守クラブ
(13)
自由民主党
(11)
市民連合
(8)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(7)
日本共産党
(3)
地域デザイン
(2)
藤田博之議員に対する懲罰の動議 質疑 討論
×
×
退席8人
×
除斥1人
×
懲罰を科さない
母谷龍典議員に対する処分要求 質疑 討論
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
山本誠議員に対する処分要求   討論
×
退席8人
×
×
除斥1人
戒告の懲罰を科す
山路英男議員に対する処分要求   討論
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
中本弘議員に対する処分要求   討論
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
元田賢治議員に対する処分要求   討論
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
山田春男議員に対する処分要求   討論
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
永田雅紀議員に対する処分要求   討論

退席1人
×
除斥1人
退席8人
×
×
戒告の懲罰を科す
補正予算案 113 平成26年度一般会計補正予算(第6号) 質疑 討論

退席2人
原案可決
補正予算案 114 平成26年度後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)    

退席2人
原案可決
補正予算案 115 平成26年度介護保険事業特別会計補正予算(第1号)    

退席2人
原案可決
補正予算案 116 平成26年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)   討論

退席2人
原案可決
補正予算案 117 平成26年度水道事業会計補正予算(第1号)    

退席2人
原案可決
補正予算案 118 平成26年度下水道事業会計補正予算(第3号)    

退席2人
原案可決
条例案 119 区の設置等に関する条例等の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 120 市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正   討論

退席2人

反対1人

反対1人
×

反対1人
原案可決
条例案 121 特別職の職員の給与に関する条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 122 一般職の職員の給与に関する条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 123 こども療育センター条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 124 国民健康保険条例の一部改正   討論

退席2人
原案可決
条例案 125 指定居宅サービス事業設備基準等条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 126 食品衛生措置基準条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 127 自転車等駐車場条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 128 広島圏都市計画(広島平和記念都市建設計画)地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正    

退席2人
原案可決
条例案 129 広島市立学校条例の一部改正   討論

退席2人
原案可決
その他の議案 130 字の区域の変更    

退席2人
原案可決
その他の議案 131 当せん金付証票の発売金額    

退席2人
原案可決
その他の議案 132 広島市・湯来町合併建設計画の変更    

退席2人
原案可決
その他の議案 133 損害賠償の額を定めること    

退席2人
原案可決
その他の議案 134〜169 公の施設の指定管理者の指定(36件)
第134号、第141号、第144号〜第168号
(広島国際会議場など27件)
質疑  

退席2人
原案可決
第135号〜第140号、第142号、第143号、第169号
(まちづくり市民交流プラザなど9件)
   

除斥1人
原案可決
その他の議案 170 市道の路線の廃止    

退席2人
原案可決
その他の議案 171 市道の路線の認定    

退席2人
原案可決
その他の議案 172 専決処分の承認(平成26年度一般会計補正予算(第5号))    

退席2人
承認
諮問 16 人権擁護委員候補者の推薦    
支障なし
意見書案 28 特定秘密の保護に関する法律の廃止を求める意見書案    
×
×
×

反対5人

反対1人
否決
意見書案 29 集団的自衛権の行使容認「閣議決定」撤回を求める意見書案    
×
×

反対2人
×

反対6人

反対1人
否決
決議案 13 松井一實広島市長の辞職勧告決議案   討論

反対4人
退席2人
×
退席8人
×
×
否決
請願・陳情 請願・陳情の取り下げ(請願第55号、陳情第147号)    
承認
請願・陳情 陳情211 私学助成    

退席1人
採択
請願・陳情 請願・陳情の閉会中継続審査(請願47件、陳情93件)    

退席1人
決定


議決時の会派別所属議員
会派名
構成員
自由民主党・保守クラブ
(略称 自民党・保守クラブ)
電話504-2442
谷口 八軒 三宅 
木島 平野 *碓井 
児玉 佐々木 金子 
木山 豊島 森畠 
石橋
自由民主党
(略称 自民党)
電話504-2734
今田 大野 宮崎 
中本 種清 熊本 
山田 永田 元田 
母谷 山路
市民連合
電話504-2444
若林 清水 酒入 
田尾 太田 松坂 
森本 山内
公明党
電話504-2445
渡辺 原  西田 
平木 安達 星谷 
米津 碓氷
市政改革・無党派クラブ
(略称 市政改革ネットワーク)
電話504-2616
藤田 竹田 馬庭 
伊藤 月村 土井 
沖宗
日本共産党
電話504-2446
村上 近松 中原
地域デザイン
電話504-2771
八條 山本

※議長(*)は表決には参加しません。
※その他、詳細については、市議会ホームページをご覧ください。
議案の概要とその議決結果:会議結果>平成26年第5回定例会
議案などに対する質疑:議会中継>本会議>本会議録画中継>平成26年第5回定例会>12月12日(金曜日) 12月17日(水曜日)
議案などに対する討論:議会中継>本会議>本会議録画中継>平成26年第5回定例会>12月18日(木曜日)

大都市税財政対策特別委員長報告

 本特別委員会において調査・研究を行った調査項目に対する委員の意見は次のとおりです。

■大都市税財政制度の充実強化
1 指定都市の国の施策及び予算に関する提案
▼現行の要望項目をさらにまとめた大きな項目を掲げて、要望する方がより分かりやすいのではないか。また、国に対して、非常に低い姿勢のままで、要望活動が続いているのではないかと思う。国と地方は対等な関係であるというのであれば、政令指定都市が団結して、国と対峙(たいじ)していくというメッセージをもっと込めて要望に当たっていただきたい。

2 大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望
▼臨時財政対策債について、新規発行は速やかに廃止することを要望しているが、既に発行しているものについても、速やかに償還するための財源措置を講じるよう、政令指定都市の会議で協議し、この要望の中に盛り込んでいただきたい。

 これらの指定都市が共同で行う、「国の施策及び予算に関する提案」、「大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望」については、その趣旨を持って、国等に対し、強力に働き掛けることになりました。

3 本市の主要事業に関する国への要望
▼個々具体的に四十数項目の要望が挙がっているが、例えば、都市経営における広島市独自の理念を大きな項目とし、その中に幾つかの要望事項が並ぶ構成にするなど、もう少しインパクトのある要望にしてはどうか。
▼要望内容は、秋葉市政の延長で、同じことしか書いていない。松井市政としての意気込みのある、めりはりを付けた政策を出すべきであり、松井市政らしい要望書を作ってほしい。
▼国際会議の誘致については、G8サミットの誘致も視野に入れているものの、条件が提示されていないことから、具体的には書き込んではいないということであるが、洞爺湖サミットなどは条件外の所で選ばれたということも聞いている。そういったことも踏まえて、検討していただきたい。
▼JR可部線の電化延伸事業の着実な推進が取り上げられているが、人口減少社会に向かっている中で、やがて広島市の人口も減少し、中でも、安佐北区の人口はいち早く少なくなると思われるが、そうしたことを考えると、利用者数の見通しが甘いのではないか。現実に運行が赤字になった場合にどうするのかについても、それなりの議論が必要である。

4 党派別要望に係る本市の個別要望事項
 本特別委員会の委員による国会の各党派への「大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望」に併せて、本市の個別要望を行う機会が持たれることから、6項目を選定し、要望を行いました。

1. 平成26年度に向けての要望事項

 「原子爆弾被爆者に対する援護措置の拡充強化等」「道路整備事業の推進」「都市再生・都市基盤整備の推進」「太田川における洪水対策及び内水氾濫対策の促進」「2020年までの核兵器廃絶に向けた取組の推進」「『インフラ資産』の老朽化対策」

2. 平成27年度に向けての要望事項
 「原子爆弾被爆者に対する援護措置の拡充強化等」「道路整備事業の推進」「都市再生・都市基盤整備の推進」「都市災害への対応」「2020年までの核兵器廃絶に向けた取組の推進」「2016年主要国首脳会議(サミット)及び関係閣僚会合の広島誘致」

 以上が、調査の概要です。委員各位の貴重な意見を真摯に受け止め、大都市税財政制度の充実強化に向けた取り組みを推進していただくよう、強く要望します。

委員長  永田雅紀
副委員長 西田 浩
     大野耕平
委 員  宮崎誠克
     松坂知恒
     平木典道
     太田憲二
     木山徳和
     佐々木壽吉
     土井哲男
     藤田博之
     平野博昭


編集後記
 今回の定例会は議論が紛糾したため、会期を延長して審議を行いました。12月17日、18日の広島市には雪がしんしんと降っていましたが、議事堂の中では熱い議論を交わしました。その詳細については市議会ホームページで録画・録音中継を公開しています。

委員長  元田 賢治
副委員長 伊藤 昭善
委員   石橋 竜史
     近松 里子
     森本 健治
     平木 典道

テレビ広報番組

「ひろしま市民と議会」(平成26年第5回定例会のあらまし)
本会議のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。


放映日
放送局
放映時間(30分間)
1月31日土曜日、
2月1日日曜日
株式会社ひろしまケーブルテレビ 午前11時〜 午後4時30分〜
株式会社ふれあいチャンネル