平成26年第3回定例会の議案と議決結果

○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対

■平成26年9月30日議決分
区分 議案番号 件名
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・保守クラブ
(13)
自由民主党
(11)
市民連合
(8)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(7)
日本共産党
(3)
地域デザイン
(2)
補正予算案 89 平成26年度一般会計補正予算(第3号)

反対1人
×
原案可決
補正予算案 90 平成26年度競輪事業特別会計補正予算(第1号)

反対1人
×
原案可決
条例案 91 社会福祉審議会条例の一部改正
原案可決
条例案 92 附属機関設置条例の一部改正
原案可決
条例案 93 衛生関係手数料条例の一部改正
原案可決
条例案 94 まちづくり市民交流プラザ条例等の一部改正
×
×
原案可決
条例案 95 特定教育・保育施設等運営基準条例の制定

反対1人
×
原案可決
条例案 96 幼保連携型認定こども園設備等基準条例の制定

反対1人
×
原案可決
条例案 97 児童福祉施設設備基準等条例の一部改正

反対1人
×
原案可決
条例案 98 児童館条例の一部改正
原案可決
条例案 99 市営住宅等条例の一部改正
原案可決
その他の議案 100 町の区域の設定等
原案可決
その他の議案 101 安芸地区衛生施設管理組合規約の変更
原案可決
その他の議案 102 市道の路線の廃止
原案可決
その他の議案 103 市道の路線の認定
原案可決
その他の議案 104 契約の締結
原案可決
専決処分承認案 107 専決処分の承認(平成26年度一般会計補正予算(第2号))
承認
専決処分承認案 108 専決処分の承認(平成26年度下水道事業会計補正予算(第1号))
承認
補正予算案 109 平成26年度一般会計補正予算(第4号)
原案可決
補正予算案 110 平成26年度母子寡婦福祉資金貸付特別会計補正予算(第2号)
原案可決
補正予算案 111 平成26年度下水道事業会計補正予算(第2号)
原案可決
諮問 15 異議申立てに対する決定
異議なし
その他の議案 112 人事委員会委員の選任の同意
同意
議員提出議案 17 市議会議員の議員報酬の臨時特例に関する条例の制定
×
×
×
×
×
否決
意見書案 27 平成26年8月19日からの豪雨災害対策に関する意見書案
原案可決
決議案 12 8月19日からの豪雨災害対策の推進に関する決議案
原案可決
決算認定案等 平成25年度各会計歳入歳出決算(第1号〜第19号)

閉会中継続審査
(決算特別委員会
に付託)
決算認定案等 平成25年度水道事業決算
決算認定案等 平成25年度下水道事業決算
決算認定案等 平成25年度病院事業決算
決算認定案等 105 平成25年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分
決算認定案等 106 平成25年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分
請願・陳情 請願の取り下げ(請願第38号)
承認
請願・陳情 請願・陳情の閉会中継続審査(請願45件・陳情86件)
決定



議決時の会派別所属議員
会派名
構成員
自由民主党・保守クラブ
(略称 自民党・保守クラブ)
電話504-2442
谷口 八軒 三宅 
木島 平野 *碓井 
児玉 佐々木 金子 
木山 豊島 森畠 
石橋
自由民主党
(略称 自民党)
電話504-2734
今田 大野 宮崎 
中本 種清 熊本 
山田 永田 元田 
母谷 山路
市民連合
電話504-2444
若林 清水 酒入 
田尾 太田 松坂 
森本 山内
公明党
電話504-2445
渡辺 原  西田 
平木 安達 星谷 
米津 碓氷
市政改革・無党派クラブ
(略称 市政改革ネットワーク)
電話504-2616
藤田 竹田 馬庭 
伊藤 月村 土井 
沖宗
日本共産党
電話504-2446
村上 近松 中原
地域デザイン
電話504-2771
八條 山本

※議長(*)は表決には参加しません。

議案に対する質疑

9月25日

●馬庭恭子
(市政改革ネットワーク・中区)
・第89・94号議案
●村上厚子
(日本共産党・東区)
・第89・90・95・96・97・109号議案

議案に対する討論

9月30日

●馬庭恭子
(市政改革ネットワーク・中区)
・第94号議案/反対
●中原洋美
(日本共産党・南区)
・第89・90・94・95・96・97号議案/反対

可決した意見書

平成26年8月19日からの豪雨災害対策に関する意見書(抜粋)
 国会及び政府におかれては、被災者の生活支援、災害の早期復旧及び災害に強い地域づくりに向け、下記の事項について、格段の措置を講じられるよう強く要請します。
1 被災者の支援について格段の措置を講ずること。
2 早期復旧等を図るため、所要の予算措置を拡充するとともに、復旧進度を早めるため、柔軟な制度運用ができるよう措置を講じること。
3 再度災害の防止のため、大幅な改良復旧が図られるよう措置を講じること。
4 早期に復旧を図るため、国が実施する砂防災害関連緊急事業等を大幅に採択すること。
5 災害の未然防止のため、各種公共事業予算の大幅な増額等を図ること。併せて、土砂災害警戒区域等の指定促進や警戒区域内からの移転支援に加え、ソフト施策の取組が有効に行えるような仕組みの構築や財政支援を図ること。
6 被災地区の中小企業者に対する災害復旧資金として長期低利の資金を供給するため、政府系金融機関の貸付条件等の弾力的運用を図ること。
7 公共施設等復旧のため、特別交付税の増額配分等積極的な財政援助を図ること。

可決した決議

8月19日からの豪雨災害対策の推進に関する決議(抜粋)
 今、広島市に求められていることは、被災者の生活再建を始め、災害の早期復旧等に向けて、全力を傾注することである。
 加えて、今回の災害を大いなる教訓として、市民が安心して安全に暮らせるまちづくりを進めていくことである。
 よって、本市議会は、災害対応のための財源確保の一助とするため、常任委員会・特別委員会の調査・審査活動の一環である他都市への状況調査を今年度は取りやめ、これに係る予算は執行しないことを表明するとともに、被災者の生活再建を始め災害の早期復旧等に向けて、下記の事項に十分留意し取り組まれるよう、強く求めるものである。
1 被災地、被災者の現状を十分把握し、被災者の生活再建を始め災害の早期復旧等に必要な予算は今後も十分確保すること。
2 避難対策等検討会議における検証作業、地域防災計画の見直し状況については、適宜、議会に報告すること。
3 災害の未然防止のための各種公共施設のハード整備を早期に図るなど、災害に強いまちづくりに向けて、より一層取組を充実・強化すること。
※可決した意見書・決議の全文については、市議会ホームページの「可決意見書・決議一覧」をご覧ください。

災害関係以外の補正予算案を可決

■新しいタイプの高校整備
5156万8千円
 県立・市立の定時制・通信制高校を、県市共同で、従来の定時制・通信制課程の枠に捉われない新しいタイプの市立高校に再編整備する。

■子どもの居場所の確保
4701万円
 児童福祉法の改正により放課後健全育成事業の設備・運営に関する基準を条例で定めることに伴い、クラスの大規模化、過密化への対応を図る。

■広島駅南口広場の再整備等
2526万1千円
 広島の陸の玄関としての魅力向上や交通結節機能の強化等を図るため、路面電車の駅前大橋ルート化を含む広島駅南口広場の再整備等を行う。

議会トピックス

政府・税制調査会の中里会長の講演会を開催
 9月5日の大都市税財政対策特別委員会では、講師として政府・税制調査会の中里実会長を招き、「今後の税制の在り方について」という演題で、講演をしていただきました。

編集後記
 8月の豪雨災害で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。
 被災された皆様の生活の立て直しが一日も早くできるよう、今定例会では、災害対策関係の補正予算を承認・可決しました。
 このほか、豪雨災害に対する本市議会の取り組みについては、随時、市議会ホームページで情報発信しています。そちらも併せてご覧ください。
委員長  元田 賢治
副委員長 伊藤 昭善
委員   石橋 竜史
     近松 里子
     森本 健治
     平木 典道

テレビ広報番組

「ひろしま市民と議会」(平成26年第3回定例会のあらまし)
定例会のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。


放映日
放送局
放映時間(30分間)
11月5日土曜日、
16日日曜日
株式会社ひろしまケーブルテレビ 午前11時〜 午後4時30分〜
株式会社ふれあいチャンネル