8月19日からの豪雨災害によりお亡くなりになられた方々に心から哀悼の意を表しますとともに、被災された多くの方々に心からお見舞い申し上げます

平成26年第3回定例会 日程と概要
9月17日水曜日 本会議
・豪雨災害の犠牲者に対する黙とうを行いました。
・市長による提出議案説明が行われました。
9月22日月曜日
24日水曜日
25日木曜日
本会議
・一般質問を行いました。
・25日には、一般質問終了後に、議案に対する質疑を行いました。
9月26日金曜日
29日月曜日
常任委員会
・付託された関係議案などや、請願・陳情の審査を行いました。
9月30日火曜日 本会議
・議案などについて討論、採決を行いました。
・決算特別委員会を設置し、平成25年度各会計歳入歳出決算などを付託し、閉会中の継続審査としました。

豪雨災害に係る約257億7千万円の補正予算を承認・可決

 災害復旧関係の経費について、補正予算の専決処分承認案を承認し、補正予算案を可決しました。その内訳は、次のとおりです。

区分
専決処分承認案
補正予算案
災害弔慰金支給
2億1,250万円
2億1,250万円
被災者援護
3億9,101万6千円
3億9,101万6千円
被災母子・父子・寡婦援護
672万円
672万円
環境施設災害復旧
5億8,000万円
5億8,000万円
農林業施設災害復旧
3億9,000万円
14億5,000万円
18億4,000万円
公園施設災害復旧
2,400万円
1億7,070万円
1億9,470万円
道路施設災害復旧
11億9,400万円
9億8,400万円
21億7,800万円
都市施設災害復旧
2,500万円
2,500万円
河川施設災害復旧
1億800万円
25億9,500万円
27億300万円
被災家庭ごみ等処理
1億9,000万円
1億9,000万円
災害廃棄物処理
22億円
22億円
民有地災害復旧
24億7,000万円
30億8,000万円
55億5,000万円
下水道施設災害復旧
1億2,400万円
5億5,500万円
6億7,900万円
教育施設災害復旧
800万円
1億50万円
1億850万円
スクールカウンセラー派遣事業
455万円
455万円
予備費
3億円
3億円
69億4,550万円
102億1,748万6千円
171億6,298万6千円

(債務負担行為の設定)

区分
専決処分承認案
補正予算案
災害廃棄物処理業務委託 期 間:27年度
限度額:86億円
 
災害援護資金貸付利子補給金   期 間:27〜36年度
限度額:融資額3億9,100万円の3/100に相当する金額
生活福祉資金貸付利子補給金   期 間:27〜34年度
限度額:融資額5,700万円の1.5/100に相当する金額
住宅資金及び転宅資金貸付利子補給金   期 間:27〜35年度
限度額:融資額504万円の1.5/100に相当する金額

豪雨災害発生を受け全員協議会を開会

8月21日
▼各派幹事長会議を開き、市長へ申し入れを行うこと、全員協議会を開会することを決定しました。
▼議長と副議長が被災地を視察しました。
▼議長と副議長が、次の項目について、市長に申し入れを行いました。
 ・行方不明者の一刻も早い救出を行うこと
 ・被災者に対する生活支援のための措置を講ずること
 ・当面の災害復旧のため、既定予算や予備費による対応、そしてそれ以上に予算不足がある場合は専決処分も含めた迅速な対応を行うこと
 ・民有地内の土砂等の撤去についても、必要な措置を講ずること
 ・災害復旧事業に必要な資機材の確保のため、必要な措置を講ずること など

8月26日
▼各派幹事長会議を開き、8月28日開会の全員協議会の運営について協議しました。

8月28日
▼全員協議会を開き、8月27日現在の市側の対応状況について報告を受け、その後、各議員から被災地の現状を伝え、要望等を行いました。

9月5日
▼市長は、直ちに補正予算の措置が必要なものについて、専決処分を行いました。

※全員協議会の録画中継を、市議会ホームページで見ることができます。