目の不自由な方に「ひろしま市議会だより」の点字版とカセットテープ版を発行しています。
希望される方がおられましたら、ご連絡ください。
(申し込み、問い合わせ 市議会事務局秘書広報室広報担当 TEL 504-2439 FAX504-2448)

一般質問
第2回定例会・本会議
◎発言順に掲載(※紙面の都合上、1人2問以内で掲載しています。質問内容は、発言議員本人の提出によるものです。)

発言項目
◎発言順に掲載

●豊島岩白
(自民党・保守クラブ・西区)
・国連アジア太平洋本部の広島市誘致
・統合医療と玄米給食の推進


●山本 誠
(市政改革ネットワーク・西区)
・市長の政治姿勢
・アストラムラインの延伸
・花と緑にあふれる美しいまちづくりの実現
・広島市博物館構想
・発達障害児(者)・家族支援
・通学区域の見直し
・地元集会所の設置補助基準


●田尾健一
(市民連合・安佐南区)
・国からの地方公務員の給与削減措置問題
・平和問題
・原子爆弾被爆者援護対策の拡充
・生活保護の見直し
・全国菓子大博覧会(ひろしま菓子博)の成果と課題
・旧市民球場跡地活用とサッカースタジアム
・教員が子どもと向き合う時間の拡充


●星谷鉄正
(公明党・中区)
・地球温暖化対策
・防災対策
・都市計画マスタープラン


●村上厚子
(日本共産党・東区)
・平和行政
・平和憲法を守り、活かす政治を
・生活保護法の改正案は廃案に
・行き過ぎた滞納整理は止めよ
・中小企業振興
・公共施設の老朽化対策
・保育園の待機児解消


●永田雅紀
(爽志会・中区)
・都市政策
・がん教育
・留学制度
・産後ケア


●石橋竜史
(自民党・保守クラブ・安佐南区)
・オリジナルナンバープレートの導入
・旧市民球場跡地並びにサッカースタジアム検討協議会
・本市における都市計画「マスタープラン」


●伊藤昭善
(市政改革ネットワーク・安佐北区)
・安佐市民病院の建替え
・民生委員・児童委員の推薦
・樹木の剪定業務


●酒入忠昭
(市民連合・南区)
・人口減少・高齢化社会への対応
・事務・事業の見直し
・ワーク・ライフ・バランスの取組み
・学力向上の取組み
・自転車都市ひろしまの取組み


●西田 浩
(公明党・安佐北区)
・平和行政
・子育て支援
・契約制度
・古民家を利用した観光客誘致



豊島岩白
自民党・保守クラブ(西区)

国連アジア太平洋本部の広島市誘致について

質問  国連アジア太平洋本部誘致を見据えた国連軍縮会議・軍縮研究所のリエゾン・オフィス誘致並びに中四国地方で唯一存在する国連機関ユニタールとの連携強化について所見を伺います。

答弁 国連アジア太平洋本部や平和推進に関わる国連機関が広島に置かれれば、平和の発信力が高まり、意義は大きいと考えますが、多額の地元経費負担の課題もあり併せて検討する必要があると考えています。ユニタールとは、本部や広島事務所との意見交換や情報収集などに努めてきています。

統合医療の推進と玄米給食について

質問  統合医療相補・代替医療に関して市民に情報提供していく必要があると思いますが、どうですか。また、玄米は人間に必要な栄養成分をバランスよく含んだ食材。積極的に学校給食に導入すべきと考えますが、どうですか。

答弁 統合医療の情報提供については、国の動向を踏まえ適切に対応したいと考えます。相補・代替医療については、現在十分な情報・知識がなく、情報収集を行い理解を深めたいと考えます。玄米ごはんの導入については関係者と協議し学校給食献立作成委員会のご意見もいただきながら研究したいと考えています。

山本 誠
市政改革ネットワーク(西区)

アストラムライン己斐延伸

質問  新たな公共交通体系づくりの基本計画および先日策定した「活力創造都市ひろしま西風新都$юi計画2013」で早い時期に延伸事業の基本方針を決定するとありますが、早い時期とはいつですか。

答弁 できるだけ早い時期に決定したいと考えていますが、全国で事例がない急勾配の採用については、安全性の面などから慎重に検討を進める必要があります。今後、この検討結果を踏まえて実現可能なルート案を選定し、比較検討を行うことにしており、基本方針の決定までに、もうしばらく時間がかかると考えています。

通学区域の見直しについて

質問  己斐上三丁目地区の通学区域について児童数の大幅減少に伴い地域実情に合わせた見直しを早急に行うべきだと思いますが、どう対応するのですか。

答弁 本市では、適正な学校規模、通学の安全性、地域コミュニティへの影響などを考慮し、保護者、地域住民等の理解を得た上で通学区域を設定しています。己斐上三丁目地区の通学区域のあり方については、今後、保護者や地域住民、地域団体等のご意見を十分に聞きながら検討していきたいと考えています。

田尾健一
市民連合(安佐南区)

電動車いすの教訓活かす

質問  ひろしま菓子博は、電動車いす乗り入れ規制などで「誰にでもやさしい大会運営のあり方」が問われました。実行委員会では、特に福祉的な面での教訓をどう引き継いで行くのですか。

答弁 実行委員会では、今回のことを教訓とし、今後取りまとめる事業報告に「高齢者や障害者などすべての人がより一層楽しむことができる菓子博にするために、障害者団体などと事前に十分なコミュニケーションを図る必要がある」ことを明記するとともに、次回菓子博の主催者にしっかり引き継ぐようにしています。

教員が子どもと向き合う

質問  忙しい教員の実態を改善するために、学校経営改善委員会を立ち上げ「学校経営活性化に向けた取組計画」を策定しましたが、教員が子どもと向き合う時間を、どう確保して行くのですか。

答弁 平日の過密状況解消のため、学校規模等を考慮してモデル校を数校指定し、長期休業のあり方や校務の見直し、事務負担の平準化に向けた実践研究を進めます。また、各学校における校務支援システムの操作方法の習得に係る支援の充実に努めます。

星谷鉄正
公明党(中区)

防災教育の充実を!

質問  先日公表された南海トラフ巨大地震対策に関する最終報告においても防災教育の重要性に言及されていますが、自助・共助の意識を醸成するためには、防災教育の中で、被災生活の模擬体験や救護法なども学ぶことのできる取り組みをぜひとも行うべきではないかと考えますが、どうですか。

答弁 今後、学校において、児童生徒の発達段階ごとに災害に関する正確な知識を身に付けさせるとともに、被災生活の模擬体験等のように、具体的な場面を想定した実践的な訓練を行うなど、防災教育の一層の充実に取り組んでいきます。

深刻な地球温暖化の現状を踏まえて

質問  地球温暖化の深刻な状況を示唆するさまざまな研究報告等がある中で、温暖化対策に関する基本的な姿勢などをお聞かせください。

答弁 地球温暖化対策は、積極的に取り組む必要がある重要課題の一つと認識しています。革新的技術の普及促進等のみならず、市民の省エネ行動がライフスタイルとして定着しなければ、目標の達成は望みえないという認識に立ち、国の取り組み状況も視野に入れながら、効率的、効果的な対策を講じていく視点が欠かせないと考えます。

村上厚子
日本共産党(東区)

行き過ぎた滞納整理はやめよ

質問  市は滞納者に対して、通知や督促状を送りつけるだけで個々に折衝をせずに年金を全額差し押さえ、生活費ゼロにする事例がありました。地方税法は滞納処分の停止要件を定めています。市税や国保料の滞納整理にあたっては、この精神を活かし、個々の実情を正確に把握した上で必要な処分を行うべきです。どうされますか。

答弁 滞納処分する場合にも、徴収猶予、滞納処分の執行停止などの措置があることから、納付意思を持ちながらも、生活困窮等で納付が困難として相談していただいた方については、その措置を講じるかどうか検討することとしています。したがって、そういった方については、個々の実情をきちんと調査し、その上で適切かつ丁寧に対応していきます。

生活保護法改正案は廃案に!

質問  生活保護基準の引き下げは被保護世帯だけの問題にとどまらず諸制度に連動してきますが、影響範囲はどうなりますか。

答弁 影響を受ける可能性がある事業は、生活保護受給者を対象として軽減等を行うものなど、現時点でおおむね70事業です。今年度はできる限り他制度に影響が及ばないようにするとの国の方針に沿って対応するよう検討を進めています。

永田雅紀
爽志会(中区)

中心市街地の交通体系はどうする

質問  アストラムラインの東西線や南北線を含め、都心部の公共交通のあり方について、今後、検討していく必要があると思いますが、市としての考えをお聞かせください。

答弁 都心部の公共交通の充実・強化は極めて重要であると考え、現在、そのあり方について検討に着手しています。今後、これらの検討を踏まえ、基本計画として取りまとめ、都市づくりの長期的展望にたった公共交通体系づくりを推進していきます。

高校生の留学制度の充実を図るべき

質問  教育委員会では、高校生の留学制度の意義についてどのように考えていますか。そして、その具体的な実施状況や帰国後の取り組みの充実についてお伺いします。

答弁 海外留学を通じて、コミュニケーション能力を高めるとともに、グローバル社会で主体的に生き抜く力を身に付けることは意義があると考えます。本市では、平成13年度から高校生を約1年間留学させる事業を実施し、今年度までに計66名を18か国に派遣しています。今後は、留学で得た経験を伝える場を設けるなど、帰国後の取り組みの充実に努めます。

石橋竜史
自民党・保守クラブ(安佐南区)

オリジナルナンバープレート導入へ

質問  広島の新たな魅力となるオリジナルナンバープレートについて、今後の動向を教えてください。

答弁 予算特別委員会でご提案をいただき、その後、他都市での事例の調査を行うとともに、その導入に向けて、デザイン選定方法やナンバープレートの製作経費など実務的な検討を行っています。導入までの期間としては、予算計上後、プレートの交付までに、8〜10か月程度を要すると考えています。引き続き、導入に向けて検討を進めていきます。

新都市計画マスタープランを問う

質問  8月に改訂されるマスタープランでは、今後の「都心」をどのように描き、どう取り組むのですか。

答弁 都市の「顔」にも例えられる都心の求心力を一層高めるため、紙屋町・八丁堀地区と広島駅周辺地区を東西の核とする「楕円形の都心づくり」の強調により、集約型の都市構造への転換を鮮明にしようとしています。紙屋町・八丁堀地区は、回遊性やにぎわいの向上など、都心の魅力づくりをリードするまちづくりを、広島駅周辺地区は、広域的な交通結節点としての機能強化など、広島の陸の玄関にふさわしいまちづくりを進めることにしています。

伊藤昭善
市政改革ネットワーク(安佐北区)

安佐市民病院の建て替えについて

質問  現在地建て替えと荒下地区への移転建て替えに関する地域からの意見・要望は出尽くしたと思われます。移転案に対し、ほぼ同等の敷地が確保できそうな状況が出てきたと聞いています。現在地南側の用地取得が可能となれば現在地建て替えが実現性を帯びてきました。いよいよ具体的な案をもって、正当な議論を展開すべきです。また、2回目の地元説明会はいつから始めるのか、最終結論はいつ頃出す予定か、時期を示してください。

答弁 南側の用地が取得できれば、現在の駐車場用地と合わせた場所に、病院本体を一挙に建設することが可能と考えます。この場合には、現在の病院で診療を行いながら工事を行うことができるため、診療への影響は小さくなるなど、これまで現在地で建て替える場合の影響と考えていたことがほぼ解消されると考えます。南側の土地の動向が確認できれば、候補地の比較案をまとめることができますので、まとまり次第、議会への説明を経て、地元に説明したいと考えています。その上で、地元の意向等を踏まえ、市としての判断を行い、できるだけ早く関係予算を議会に諮りたいと思っています。

酒入忠昭
市民連合(南区)

待機児童の地域間格差解消

質問  年々、待機児童は増加の傾向にあります。また、最近の定員増加は私立保育園が中心で、公立保育園はほとんど定員が増加していません。そのため、待機児童に地域間格差が生じています。どのように対応されますか。

答弁 本市では、私立保育園の新設などにより受け入れ枠の拡大に取り組んできており、中学校区ごとに、保育ニーズと受け入れ枠の状況などを比較し、緊急度の高いものから必要な整備を行うことにしています。こうした取り組みを進める中で、地域間格差の解消はおのずと図られていくと考えます。

歩行者が安全な歩道整備を

質問  歩道上に自転車と歩行者が混在しており、事故が多発しています。事故防止のためには歩道に自転車道と歩行者道を早急に明示し、区別化する必要があると思いますが、どのようにされようとしているのですか。

答弁 自転車走行空間の整備計画の見直しに当たり、車道での整備が困難な路線は、当面、歩道の活用を検討することにしています。その際には、自転車利用者に対する交通ルールの啓発活動などの対策だけでなく、歩行者と自転車の分離方法などハード面での対策も検討したいと考えています。

西田 浩
公明党(安佐北区)

広島市の平和行政

質問  核保有国の首脳が被爆地広島や長崎に集まり、核廃絶のための会議、サミットを開催することが核兵器禁止条約締結を目指す上での具体的な取り組みであると思います。2015年は被爆70周年の節目の年ですが、NPT再検討会議広島招致に代わる取り組みは何か検討されているのですか。

答弁  現段階において、2015年については、2014年に広島で開催されるNPDI(軍縮・不拡散イニシアティブ)外相会合に引き続き、外務省と密接な連携を図りながら、開催可能な国際会議の情報収集に努めていきたいと考えています。

古民家による観光行政

質問  観光振興に当たっては、古民家のような地域資源の活用が重要だと思いますが、市はどのように考えていますか。

答弁  本市には、世界遺産などに加え、自然や街並み、伝統芸能など地域資源が数多くあります。それを発掘して観光メニューとして開発し、訪れた人に広島の風土・文化を実体験してもらうことなども観光振興を図る上で重要と考え、神楽の観光商品化などにも取り組んでいます。今後も、さらにさまざまな地域資源を活用し、「また来てみたい」などと実感してもらえるような事業の発掘に努めていきたいと考えています。




〔用語解説〕

統合医療
 近代西洋医学と相補・代替医療や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在する。

相補・代替医療
 伝統医学、自然療法、ハーブ(薬草)、音楽療法、温泉療法などのこと。

滞納処分
 市税を滞納した人に対しては、督促状や電話などにより納付の催告を行うが、それでもなお納付されない場合に、その人の財産を差し押さえて公売するなどの処分を行うこと。

マスタープラン
 「広島市の都市計画に関する基本的な方針」のこと。

NPDI(軍縮・不拡散イニシアティブ)
 核軍縮・不拡散分野における地域横断的な有志国グループ。平成22年(2010年)に日本・オーストラリア主導で立ち上げた。


議案などに対する質疑

●馬庭 恭子
(市政改革ネットワーク・中区)
6月18日/監査報告第19号(平成24年度の消防局の定期監査及び行政監査)
6月28日/第77号議案

●三宅 正明
(自民党・保守クラブ・安芸区)
6月25日/第51号議案

●中原 洋美
(日本共産党・南区)
6月25日/第51・52・69〜76号議案

●沖宗 正明
(市政改革ネットワーク・安芸区)
6月25日/諮問第8号

議案などに対する討論

●太田 憲二
(市民連合・西区)
6月28日/第51号議案に対する修正案/反対

●石橋 竜史
(自民党・保守クラブ・安佐南区)
6月28日/第51号議案に対する修正案/賛成

●近松 里子
(日本共産党・中区)
6月28日/第51号議案に対する修正案/反対、第69〜76号議案/反対、その他の議案/賛成

●沖宗 正明
(市政改革ネットワーク・安芸区)
6月28日/諮問第8号/賛成

人事案件の審議結果

●監査委員の選任の同意
安達千代美
永田 雅紀

●農業委員会委員の推薦
大野 耕平
星谷 鉄正

●広島県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
金子 和彦
太田 憲二
元田 賢治
米津 欣子

佐伯区の選挙管理委員および補充員の選挙

 選挙管理委員4名および補充員4名が当選

新たに調査特別委員会を設置しました
(6月29日設置。 ◎は委員長、 ○は副委員長)

大都市税財政対策特別委員会
◎永田 雅紀
○西田  浩
○大野 耕平
 宮崎 誠克
 松坂 知恒
 平木 典道
 太田 憲二
 木山 徳和
 佐々木壽吉
 土井 哲男
 藤田 博之
 平野 博昭

都市機能向上対策特別委員会
◎三宅 正明
○碓氷 芳雄
○石橋 竜史
 渡辺 好造
 八條 範彦
 中原 洋美
 元田 賢治
 谷口  修
 若林 新三
 金子 和彦
 田尾 健一
 山本  誠
 中本  弘

安心・安全社会づくり対策特別委員会
◎母谷 龍典
○竹田 康律
○米津 欣子
 山内 正晃
 山路 英男
 近松 里子
 伊藤 昭善
 原  裕治
 熊本 憲三
 酒入 忠昭
 種清 和夫
 月村 俊雄
 木島  丘

都市政策特別委員会
◎星谷 鉄正
○豊島 岩白
○森畠 秀治
 森本 健治
 八軒 幹夫
 馬庭 恭子
 安達千代美
 清水 良三
 村上 厚子
 今田 良治
 沖宗 正明
 山田 春男
 児玉 光禎


議会活動への理解と認識を深めてもらい、議会をより身近なものとしていただくため、ホームページを開設しています。ぜひご覧ください。
〔ホームページアドレス〕www.city.hiroshima.lg.jp/gikai/