決算特別委員長報告

【総括的な指摘・要望事項】
各会計歳入歳出決算については、自主財源の確保は財政運営の安定性と行政活動の自主性を確保する上で極めて重要であることから、市税、国民健康保険料、介護保険料、保育料等について、効果的・効率的な収納体制を整備するなど、収入の確保及び収納率の向上に努める必要があります。
今後とも厳しい財政状況の中で、多様化する行政需要に的確に対応するためには、「選択と集中」による政策の重点化・効率化を図りつつ、すべての事務事業の見直しにより、経費の縮減を行う必要があります。
臨時財政対策債の発行などの影響により、平成28年度末の一般会計の市債残高は1兆882億円となっており、将来世代へ過度の負担を残さないよう市債残高の抑制により一層努める必要があります。
企業決算については、水道事業、下水道事業及び安芸市民病院事業いずれも、その経営環境は依然として厳しいものと予想されることから、従来にも増して、経営の効率化を図り、独立採算制の原則のもと健全で安定した事業経営の確保に努める必要があります。
最少の経費で最大の効果を挙げることを基本に全庁を挙げてさらなる行政改革に着実に取り組み、弾力性のある健全な財政体質を確立するとともに、市民サービスのさらなる向上をめざして、なお一層努力されるよう強く求めておきます。


【個別の要望事項】
核兵器のない世界の実現に向け、2020ビジョンの目標年が迫っていることを踏まえ、核兵器廃絶を目指した取り組みや平和意識の醸成、被爆体験の継承・伝承をより一層推進するとともに、全ての国が早期に核兵器禁止条約に署名するよう、さらなる働きかけを行うこと。
市民が安心して生活できる安全な地域社会を実現するため、特殊詐欺被害や子供・女性への犯罪の抑止に努めるとともに、薬物乱用者による犯罪など予測が困難な犯罪に対しても、被害の抑止に取り組むなど、犯罪の起こりにくい安全なまちづくりをより一層推進すること。
水道事業の広域化に際しては、市民の利益を鑑み、慎重に検討すること。
土砂災害防止対策をより一層推進すること。特に、急傾斜地の崩壊防止に係る整備が早急に進むよう努めること。
特別支援学校の校舎の増築に当たっては、必要な施設の整備、新校舎との安全な移動環境の整備及び登下校時の交通対策について十分検討した上で、早期の整備に努めること。
インターネット上のいじめの未然防止やインターネット利用に起因する犯罪被害等の防止のため、10(テン)オフ運動やケータイ出前講座など、児童生徒や保護者に対するスマートフォン等の利用のあり方について啓発活動を推進すること。
観光振興に当たっては、広島城和船遊覧船の運航についてさらなる環境整備や関連事業との連携を図ることにより広島城の魅力向上に一層力を入れるなど、観光プログラムの充実に取り組むこと。また、修学旅行生の来訪を推進するため、さらなる誘致活動の強化を図ること。
林業振興については、中山間地域自伐林業支援事業や半林半X(エックス)移住者支援事業の取り組みを強化し、林業の担い手を育成するとともに、地元木材の活用を促進すること。
こども医療費補助については、議会での付帯決議を踏まえ、さらなる制度の充実に向けて取り組むこと。
地域包括ケアシステムの中で、住民ボランティア活動による助け合いが円滑に行えるよう、関係部局が横断的な連携を図り、地域の要望に行政が的確に対応できる体制を整備すること。また、認知症の人やその家族等が地域で安心して暮らせるよう、支援体制の充実を図ること。
市営住宅の入居承継について、承認基準に該当しない入居者が転居費用を用意できない場合には、関係部局とも連携し、丁寧に対応すること。

平成29年第4回臨時会の議案と議決結果

○:議案に対して賛成  ×:議案に対して反対  △:採決の際に一部議員反対

■平成29年10月31日議決分

区分 議案番号 件名
討論
会派名( )内は所属議員数
議決結果
自民党・保守クラブ
(11)
自由民主党
(8)
公明党
(8)
市政改革ネットワーク
(8)
日本共産党
(5)
広島市民クラブ
(5)
市民連合
(4)
自由民主党立風会
(3)
広島創生クラブ
(1)
清流クラブ
(1)
決算認定案等 平成28年度各会計歳入歳出決算
第1号 一般会計
第9号 後期高齢者医療事業特別会計
第10号 介護保険事業特別会計
第11号 国民健康保険事業特別会計
第12号 競輪事業特別会計
第16号 開発事業特別会計
討論

反対1人
×
認定
決算認定案等 平成28年度各会計歳入歳出決算
第2号 住宅資金貸付特別会計
第3号 母子父子寡婦福祉資金貸付特別会計
第8号 西風新都特別会計
討論
認定
決算認定案等 平成28年度各会計歳入歳出決算
第4号 物品調達特別会計
第5号 公債管理特別会計
第6号 市民球場特別会計
第7号 用地先行取得特別会計
第13号 中央卸売市場事業特別会計
第14号 国民宿舎湯来ロッジ等特別会計
第15号 駐車場事業特別会計
第17号 市立病院機構資金貸付特別会計
第18号 元宇品町財産区特別会計
第19号 三入財産区特別会計
第20号 砂谷財産区特別会計
認定
決算認定案等 平成28年度水道事業決算
認定
決算認定案等 平成28年度下水道事業決算
認定
決算認定案等 平成28年度安芸市民病院事業決算
認定
決算認定案等 89 平成28年度水道事業会計未処分利益剰余金の処分
原案可決
決算認定案等 90 平成28年度下水道事業会計未処分利益剰余金の処分
原案可決



議決時の会派別所属議員 議決時の会派別所属議員
会派名 構成員
自由民主党・保守クラブ
(略称 自民党・保守クラブ)
電話504ー2442
元田 三宅 森畠
石橋 木島 児玉
金子 永田 谷口
平野 森野
自由民主党
(略称 自民党)
電話504ー2734
宮崎 山路 木戸
中本 種清 熊本
山田 今田
公明党
電話504ー2445
渡辺 原 西田
平木 安達 星谷
米津 碓氷
市政改革・無党派クラブ
(略称 市政改革ネットワーク)
電話504ー2616
竹田 桑田 伊藤
藤田 土井 沖宗
馬庭 定野
日本共産党
電話504ー2446
村上 近松 中森
中原 藤井
広島市民クラブ
電話504ー2771
佐々木 海徳 酒入
八條 森本
市民連合
電話504ー2444
太田 山内 若林
山本
自由民主党立風会
電話504ー2114
豊島 八軒 木山
広島創生クラブ
電話504ー2227
碓井
清流クラブ
電話504-2845
大野

※議長(自民党・保守クラブ 永田議員)は表決には参加しません。
※討論は、討論があったことを示します。
※議案の概要とその議決結果については、市議会ホームページ(www.city.hiroshima.lg.jp/gikai/)>本会議・委員会>会議結果>平成29年第4回臨時会(10月31日)に掲載しています。


テレビ広報番組

「ひろしま市民と議会」(平成29年第4回臨時会のあらまし)
本会議のポイントを30分にまとめたダイジェスト版です。


放映日
放送局
放映時間(30分間)
12月23日土曜日、
12月24日曜日
株式会社ちゅピCOMふれあい 午前11時〜 午後4時30分〜
株式会社ちゅピCOMひろしま