1. サイトマップ

本文の開始

作成・提出方法

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

請願・陳情

市政について要望があるときは、だれでも市議会に対し請願・陳情を行うことができます。

請願・陳情は、文書で行うことになっていますので、次の請願・陳情書の作成・提出方法等を参考にしてください。


請願・陳情書の作成・提出方法

  1. 請願・陳情書の様式は特に決まっていませんが、次の書式例等を参考に作成してください。
  2. 市政についての要望の内容を、書式例のように「件名、要旨、理由」に日本語を用いた文書でまとめ、
  3. 提出年月日、住所(団体の場合はその住所及び名称)を記入して、
  4. 氏名(団体の場合は代表者名)を署名又は記名・押印して、
    (提出される方が複数の場合には、書式例のように、ほか○人と記入して署名簿を添付するか、連署してください。)
  5. 広島市議会議長あてに、提出してください。
  6. なお、請願書には、紹介議員の署名又は記名・押印が必要です。

     

請願・陳情書の書式例

※陳情の場合には、紹介議員は不要です
 

請願・陳情書の提出期限

  請願・陳情書はいつでも提出できますが、会期中の常任委員会で審査する請願・陳情書の提出期限は、常任委員会審査の第一日目の3日前(ただし、土、日、祝日を除く)としています。
 平成29年第5回定例会中の常任委員会で審査する場合、提出期限は平成29年12月7日(木曜日)となります。

         


  提出された請願・陳情書の取扱い

1.請願書の取扱い
 提出された請願書に基づき、文書表(請願者の住所・氏名、請願の要旨等を記載したもの)を作成して、全議員に配付するとともに、関係する委員会に付託・審査の後、その審査結果に基づき、本会議で、「採択」「不採択」の結論を出します。
結論が出されたものについては、その旨、文書によりお知らせします。 

2.陳情書の取扱い
 提出された陳情書に基づき、文書表(陳情者の住所・氏名、陳情の要旨等を記載したもの)を作成して、全議員に配付します。
 また、次に掲げるものを除き、関係する委員会に付託・審査の後、その審査結果に基づき、本会議で、「採択」「不採択」の結論を出します。結論が出されたものについては、その旨、文書によりお知らせします。

《委員会に付託・審査等を行わない陳情書》
(1) 郵送により提出されたもの
(2) 代表者が市内に住所(団体の場合は所在地)がないもの
(3) 陳情の内容が
 ア 市の所管外のもの
  イ 決議や意見書の提出を求めるもの
  ウ  議会に直接関係するもの
(4) 委員会付託の希望がないもの

    


詳しくは、議会事務局市政調査課:電話(082)504-2438 にお問い合わせください。