1. サイトマップ

本文の開始

建物の構造

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

建物は、西方向の元安川を正面にして建っています。中心に中庭を配置して吹抜けになっており、建物中央は楕円形の階段室がありました。
 全体は窓の多い3階建てですが、建物中央の階段室部分は5階建てで、その上にドームが載っていました。また、一部に地下室が設けられていました。
 建物は一部鉄骨を使用した煉瓦造で、石材とモルタルで外装が施され、内壁の大半は漆喰壁であったと考えられます。
 

広島県物産陳列館設計図一階平面図
広島県物産陳列館設計図一階平面図
(広島平和記念資料館所蔵 臼井齊氏寄贈)
ドーム

ドーム部を上空から撮影。楕円形の形をしていることが分かります。
ドーム部の上空からの写真 

らせん階段

 ドーム部の階段室の階段は被爆により滅失しましたが、中庭南側に設置された鋳鉄製のらせん階段は残存しています。
らせん階段の写真

地下室への階段

 らせん階段の東隣に地下室につながる階段が残っています。右の写真の階段下左側に見える空洞が地下室です。

地下室への階段の写真

漆喰塗

 内装の漆喰塗の跡は、特に中央ドーム部の外回り南北面に残されています。左の写真では煉瓦の上に漆喰下塗り、石灰中塗り、漆喰上塗りの層が重ねて塗られている様子が分かります。右の写真のアルファベットの文字は、被爆後ドームが保存されるまでの間に書かれた落書きです。

漆喰塗の写真

梁受けの穴

 壁体表面には梁受けの穴が残っており、この位置から焼失した梁の位置や各階の床の高さが推定できます。

梁受けの穴の写真

このページに関するお問い合わせ先

都市整備局 緑化推進部 公園整備課
電話:082-504-2393 /  FAX:082-504-2391
メールアドレス:park@city.hiroshima.lg.jp