1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

米国・ロシア間の「中距離核戦力(INF)全廃条約」が失効したことに対する市長コメント(2019.8.2)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

米国・ロシア間の「中距離核戦力(INF)全廃条約」が失効したとの報に接しました。

この条約に関しては、今年2月に長崎市長と一緒に両国大使館を訪問して、市民社会の願いを直接届けたところです。

また、米ロ両国は、核兵器不拡散条約(NPT)に加盟しており、核軍縮を誠実に交渉する義務を負っているところです。

それにもかかわらず、代替措置を講じることなくこの条約を失効させたことは、極めて遺憾に思います。

世界の市民社会が願う核兵器のない世界の実現に向けて、本気で努力をしていただくよう強く求めます。

 


令和元年(2019年)8月2

広島市長 松井 一實

 

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課
電話:082-242-7831 /  FAX:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp