1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

2019年7月24日 夏休み期間の8月10日~18日、平和記念資料館と追悼平和祈念館の開館時間を延長します

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

報道発表資料ヘッダ画像

令和元年(2019年)7月24日(水)
市民局平和推進課被爆体験継承担当:中川、村上、柿田
電話:242-7831 内線:5817
公益財団法人広島平和文化センター
国立広島原爆死没者追悼平和祈念館:大瀬戸、臼井
電話:543-6271

 

 

夏休み期間の8月10日~18日
平和記念資料館、追悼平和祈念館の開館時間を延長します

 

 8月のお盆休み辺りの期間は、帰省や旅行により例年多くの方が広島平和記念資料館、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館を訪れます。
 このため、より多くの方々に被爆の実相に触れ、死没者を追悼し、平和を祈念していただくため、両館では、通常の閉館時刻の午後7時を1時間延長し、午後8時まで開館します。
 なお、8月5日(月)、6日(火)についても例年どおり午後8時まで開館します。
  

1 対象施設

 広島平和記念資料館
 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館


2 8月10日(土)~18日(日)の開館時間

 午前8時30分~午後8時(現行は午前8時30分~午後7時)
 ただし、平和記念資料館への入館は午後7時30分まで
 ※ この期間の開館延長は、本年度初めて行います。
 

 

 

 

プレスリリース下の画像

 

このページに関するお問い合わせ先

市民局 国際平和推進部 平和推進課 被爆体験継承担当
電話:082-242-7831 /  FAX:082-242-7452
メールアドレス:peace@city.hiroshima.lg.jp