1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

「国際平和シンポジウム2019」の参加者を募集します

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

「国際平和シンポジウム2019」参加者募集 

 

  「核兵器禁止条約」の発効が待たれる今、核大国の暴走を許さないために国際社会、市民社会がなすべきことは何か。被爆74年を迎える広島から考えます。
 映画作家の大林宣彦氏と俳優の東ちづる氏の特別対談のほか、元外務省主任分析官の佐藤優氏の講演や核問題専門家等によるパネル討論を行います。

 

1 日 時: 令和元年7月27日(土) 13時~17時(開場12時30分)

2 場 所:
広島国際会議場 地下2階「ヒマワリ」

3 主 催: 広島市、(公財)広島平和文化センター、朝日新聞社  

4 テーマ: 核兵器廃絶への道~大国の暴走を許さない~  

5 シンポジウムの構成:
  【開会挨拶】
   松井広島市長 等 

  【特別対談】
   「平和の砦を築きましょう」
   ・大林(おおばやし)宣彦(のぶひこ)氏(映画作家)
   ・(あずま)ちづる氏(俳優・タレント)

  【基調講演】
   「大国の暴走を許さないために」
   佐藤(さとう)(まさる)氏(作家、元外務省主任分析官)

  【パネル討論】
   パネリスト
   ・ 佐藤優氏(作家、元外務省主任分析官)
   ・ ボニー・ドチェルティ氏(米国・ハーバード大学法科大学院講師)
     (かたら)()(はるか)氏(国際協力機構(JICA)インド常駐コーディネーター)
     黒澤(くろさわ)(みつる)氏(大阪女学院大学大学院教授、日本軍縮学会初代会長)
   コーディネーター
     吉田(よしだ)文彦(ふみひこ)氏(長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)センター長、元朝日新聞論説副主幹)

  【閉会挨拶】

6 入場料:
無料  

7 定 員:450人(先着順)

8 申込方法

7月21日(日)までに、次の申込画面から必要事項を入力のうえお申し込みください。
聴講券をお送りします。
ただし、申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。 
申込画面

 又は、はがきに、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し、〒530-8211(住所不要)朝日新聞本社社会部・平和シンポ係へ。
ファックス(06-6232-2347)、電子メール(hibakusha@asahi.com)

このページに関するお問い合わせ先

公益財団法人広島平和文化センター  平和連帯推進課
電話:082-242-8872 /  FAX:082-242-7452
メールアドレス:lecture@pcf.city.hiroshima.jp