1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

メキシコ体操選手団による2回目の強化合宿が実施されました(スポーツ振興課)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平成31年4月20日(土)から24日(水)にかけて、本市においてメキシコ体操選手団による昨年に引き続き2回目の強化合宿が実施され、12人の選手及び3名のコーチが来広しました。

◎ 選手団出迎え・練習の公開
4月20日(土)、選手団は県立総合体育館で地元選手らの歓迎を受けました。同日から同体育館で練習を開始。練習の模様は一般公開され、連日多くの来場者がありました。

  
            地元選手らによる出迎え                            練習の様子  

  
  地元選手との合同練習も実施。交流を深めました                   メキシコ体操選手団


◎ 平和記念公園への訪問
4月20日(土)には平和記念公園も訪問。慰霊碑へ参拝するとともに、平和資料館を見学し、被爆の実相について理解を深めました。

 
            慰霊碑への献花     

◎ メキシコ文化展
練習会場内では「メキシコ文化展」も開催。メキシコの街や食などを紹介するパネル展示のほか、民芸品の展示や民族衣装の試着コーナーも好評でした。

また、20日(土)・21日(日)にはメキシコの遊び体験や小物の工作教室を同時開催。参加者多数で大変な盛り上がりでした。

 

 
     メキシコの遊び(ロテリア)体験           練習会場内で開催されたメキシコ文化展

 

◎ 公開演技会
4月21日(日)には、地元の子どもたちへの体操教室及び公開演技会を開催しました。
公開演技会は競技関係者を含めて約800人の市民が来場。メキシコ選手の華麗な演技に触れることができました。

 

 
          公開演技会の様子                メキシコ体操選手団と地元の選手達  


◎ 小学校との交流(4校:基町、戸坂、観音、可部)
4月22(月)には小学校を訪問し、児童と交流。メキシコ選手団による模範演技の披露や児童への指導のほか、児童と選手団が一緒に給食を食べるなど、交流を深めました。

 

 
 
                                          可部小学校での交流



◎ 今後の予定
東京2020オリンピック・パラリンピックに向けたメキシコ選手団の合宿は、2019年度以降、本市では以下の競技が予定されています。
・ 体操
・ サッカー
・ テニス
・ アーティスティックスイミング(旧称:シンクロナイズドスイミング)
・ ボクシング
また、県内他市町を含めると、最大で26競技の事前合宿が広島県内で実施される予定です。


県及び本市を含む県内市町は、メキシコ選手団による事前合宿や文化交流等の実施を推進しています。ぜひこの機会に、世界で活躍するアスリートの演技やメキシコ文化に触れてみてください。

 (参考)メキシコ選手団による広島事前キャンプの競技・合宿地・日程(広島県ホームページ)
 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/257/2018nittei.html

このページに関するお問い合わせ先

市民局 文化スポーツ部 スポーツ振興課
電話:082-504-2504 /  FAX:082-504-2066
メールアドレス:sports@city.hiroshima.lg.jp