1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

成人男性の風しん抗体検査・予防接種(対象者の皆様へ)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 風しんの予防接種は、予防接種法に基づき、子どもを対象に公的に(無料で)行われています。
 しかし
1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日の間に生まれた男性、これまで公的な予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

 そこで、この世代の男性の抗体保有率を引き上げるため、平成31年度から2022年3月31日までの3年間に限り、この世代の男性に対して無料で抗体検査と予防接種(十分な量の抗体がない方のみ)を実施します。

目次

 1. 風しん対策を実施する理由
 2. 制度の対象者
 3. クーポン券の交付を受けるには
 4. 抗体検査・予防接種の流れと持ち物
 5. 抗体検査・予防接種を受けられる場所
 6. この制度や風しんについてさらに詳しく知りたい方は
 7. お問い合わせ先

1.風しん対策を実施する理由

  風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力の強い感染症です。
  感染すると、発熱、発疹、リンパ節の腫れなどの症状が現れ、大人
は子どもよりも重症化しやすくまれに重篤な合併症を併発することがあります。

  また、妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

 あなたの周りの妊婦さん、あなたのご家族、そしてあなた自身を風しんから守るため、社会全体で風しん予防に取り組む必要があります。

2.制度の対象者

 1962年(昭和37年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性

 対象者には、4月中旬頃より、広島市から抗体検査と予防接種を受けるためのクーポン券を住民登録された住所に順次郵送します。
 なお、
平成31年度は1972年(昭和47年)4月2日~1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性にクーポン券を送付します。
(※ 事業開始当初の医療機関及び健診機関の混乱を避けるため、対象年齢を区切った段階的なクーポン券の送付を予定しています。あらかじめご了承ください。)

 今年度、クーポン券の送付対象となっていない方(1962年(昭和37年)4月2日~1972年(昭和47年)4月1日生まれ)が抗体検査と予防接種を受けるには、あらかじめクーポン券の交付手続きをしていただく必要があります。手続きの方法は、以下「3.クーポン券の交付を受けるには」をご覧ください。
 

※ クーポン券が届いても制度の対象外になる場合があります。

  クーポン券が届いた対象者のうち、過去に風しんにかかった(医師の記録あり) ことがある方や風しん抗体検査の受検歴が
 あり、その結果十分な量の抗体があることが判明している方は、この制度の対象外となります。


  まずは、以下のフローチャートでご自身が抗体検査や予防接種の対象であるか、ご確認ください。

 対象者フロー図

3.クーポン券の交付を受けるには

 クーポン券送付対象者以外の方がクーポン券の交付を受けるには、ホームページ上の申込みフォームまたはの保健センターにてあらかじめお手続きをしていただく必要があります。
 なお、クーポン券を紛失された方(再交付)や、転入により広島市が発行するクーポン券が必要になった方も以下の方法でお手続きをお願いします。

(1) ホームページ上の申込みフォームから手続きを行う場合

    パソコン、スマートフォン、携帯電話を使用して以下のリンク先(申込みフォーム)からお手続きをお願いします。
         事業開始当初(4~5月)は申請いただいてから発券までにお時間をいただきます。あらかじめご了承くださいますよう
      お願いいたします。


    ★ 申込みフォームはこちら

(2) お住まいの区の保健センターで手続きを行う場合

     お住まいの区の保健センターにクーポン券交付申請書をお持ちください。    
     (※ 窓口でも記入していただけます。なお、申請書は以下よりダウンロードできます。)
   

(3) FAXまたは郵送により手続きを行う場合

      申請書(以下よりダウンロードできます)に必要事項を記入していただき、健康推進課保健予防係(※)へ
         FAXまたは郵送してください。
 
     ※ 送付先  :広島市健康推進課 保健予防係
        住所   :〒730-8586 広島市中区国泰寺町一丁目6番34号
        FAX番号:082-504-2258
       

4.抗体検査・予防接種の流れと持ち物

    〈抗体検査・予防接種を受けるまで〉                    〈必要な持ち物〉

抗体検査と予防接種の流れ

 
「抗体検査」を受検する場合

1. 抗体検査クーポン券
2. 本人確認書類

   (免許証、保険証等の住所地が確認できるもの)
3. 受診票
   (クーポン券と一緒に送付します)




「予防接種」を受ける場合

1. 予防接種クーポン券
2. 本人確認書類

  
(免許証、保険証等の住所地が確認できるもの)
3. 抗体検査の結果
   (結果が記載された受診票または別で受けた抗体検査の  
   結果で、十分な量の抗体がないことがわかるもの)

※本事業における予防接種では、麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用します。   

 

5.抗体検査・予防接種を受けられる場所

 次のいずれかの場所で受けられます。 

(1)  医療機関で受ける場合

      ・ 広島市内の医療機関だけではなく、市外の医療機関でも受けられます。 
       (抗体検査・予防接種が受けられる医療機関はこちらからご確認いただけます。)
     ・ 予約が必要な場合がありますので、あらかじめ医療機関にお問い合わせください。

(2)  健康診断(特定健診または事業所健診)の際にあわせて実施

      本事業に参加する医療機関等が実施する場合に限ります。

     ア 広島市が実施する特定健診

          近所の公民館等を検診車が巡回する集団健診会場(抗体検査のみ)と、広島市健康づくりセンターで実施する
      施設健診で受けることができます。
        最寄りの医療機関で特定健診を受ける場合には、あらかじめ受診を希望する医療機関に、健診の時に
      抗体検査・予防接種が受けられるかお問い合わせください。
        また、抗体検査・予防接種が受けられる医療機関は
こちらからご確認いただけます。

        特定健診の詳細については、広島市ホームページ「元気じゃ健診(特定健診)・特定保健指導」をご覧ください。

     イ 勤務先が実施する事業所健診

          勤務先の事業所または加入する健康保険組合にご確認ください。

 

6.この制度や風しんについてさらに詳しく知りたい方は

  以下のリンク先よりご覧ください。

 1. 風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)

 2. 風しんについて(厚生労働省ホームページ)

 3. 風しんに要注意!(広島市ホームページ)
 

7.お問い合わせ先

名称

所在地

電話番号

中保健センター 健康長寿課 大手町4-1-1
(中区地域福祉センター内)
 504-2528 (保健予防係)
東保健センター 地域支えあい課 東蟹屋町9-34
(東区総合福祉センター内)
 568-7729 (地域支援第二係)
南保健センター 健康長寿課 皆実町1-4-46
(南区役所別館内)
 250-4108 (保健予防係)
西保健センター 健康長寿課 福島町2-24-1
(西区地域福祉センター内)
 294-6235 (保健予防係)
安佐南保健センター 健康長寿課 中須1-38-13
(安佐南区総合福祉センター内)
 831-4942 (保健予防係)
安佐北保健センター 健康長寿課 可部3-19-22
(安佐北区総合福祉センター内)
 819-0586 (保健予防係)
安芸保健センター 健康長寿課 船越南3-2-16
(安芸区総合福祉センター内)
 821-2809 (保健予防係)
佐伯保健センター 健康長寿課 海老園1-4-5
(佐伯区役所別館)
 943-9731 (保健予防係)
健康福祉局 健康推進課 中区国泰寺町1-6-34
(市役所本庁舎)
 504-2622(保健予防係)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健予防係
電話:082-504-2622 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp