1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

受動喫煙防止対策について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

健康増進法の一部を改正する法律の公布について(平成30年7月25日)

 受動喫煙とは、人が他人の喫煙によりたばこから発生した煙を吸わされることをいいます。

 平成30年7月25日、国は、「望まない受動喫煙」の防止を図るため、「健康増進法の一部を改正する法律」を公布しました。

 この法律では、多数の者が利用する施設等の区分に応じ、当該施設等の一定場所を除き喫煙を禁止するとともに、当該施設等の管理について権原を有する者が講ずべき措置等について定めています。

 具体的な内容については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

 

「健康増進法の一部を改正する法律」の一部の規定の施行について(受動喫煙対策)(平成31年1月24日)

 望まない受動喫煙の防止を図るための必要な措置等について定めた「健康増進法の一部を改正する法律」の一部の規定が、平成31年1月24日から施行され、国及び地方公共団体の責務、関係者の協力に関する事項のほか、喫煙をする際の配慮義務、喫煙場所を設置する際の配慮義務に関する事項が設けられました。

喫煙をする際の配慮義務(第25条の3第1項関係)

 喫煙をする者は、喫煙をする際は望まない受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならない。

(配慮義務の具体例)

 ・できるだけ周囲に人がいない場所で喫煙をするよう配慮する

 ・子どもや患者等、特に配慮が必要な人が集まる場所や近くにいる場所等では特に喫煙を控える など

喫煙場所を設置する際の配慮義務に関する事項(第25条の3第2項関係)

 多数の者が利用する施設を管理するものは、喫煙場所を定めようとするときは、望まない受動喫煙を生じさせることがない場所とするよう配慮しなければならない。

(配慮義務の具体例)

 ・喫煙場所を設ける場合には、施設の出入口付近や利用者が多く集まるような場所には設置しないこと

 ・喫煙室を設ける場合には、たばこの煙の排出先について当該喫煙場所の周辺の通行量や周辺の状況を勘案して受動喫煙が生じない場所とすること など

 

 ★「健康増進法の一部を改正する法律」に関する政省令等については、厚生労働省ホームページにも掲載されていますので、こちらもご覧ください。

   【関連情報】

  ・厚生労働省ホームページ「受動喫煙対策」

  ・厚生労働省「なくそう!望まない受動喫煙。」

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 健康推進課 保健指導係
電話:082-504-2290 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:k-suishin@city.hiroshima.lg.jp