1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平和大橋歩道橋の整備

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

平和大橋、西平和大橋は、国の名勝の平和記念公園に隣接した橋であり、また、世界的に有名な彫刻家のイサム・ノグチ氏が高欄をデザインしていることから、国内外の人々の関心が高い重要な橋です。

しかしながら、現在の橋の歩道と車道の幅員は十分ではなく、橋の老朽化も進んでいるため、緊急的な対応が必要な状況です。

このため、平和大橋、西平和大橋については、現在の橋を補修してできるだけ長く使いながら、歩行者・自転車利用者の安全性・快適性を確保するため、歩行者通行量の多い平和大橋の上流に歩道橋を整備することにしました。

 

平成19年度(2007年度)に、「平和大橋歩道橋の整備方針」を取りまとめ、平成20年度(2008年度)には、この整備方針に沿って、「平和大橋歩道橋デザイン提案競技」を実施し、当選案及び次点案を決定しました。

その後、この結果に基づき設計等を進めてきましたが、提案協議の前提としていた平和大橋東詰交差点の廃止に対する地元の懸念を踏まえ検討した結果、最終的に平成24年(2012年)7月に、提案競技の当選案の実現を断念するという結論に至りました。

 

平和大橋歩道橋の整備ついては、関係機関との協議により、平和大橋東詰交差点の存続を前提とした歩道橋整備の可能性が見いだせたことから、現在の平和大橋に近接させ橋の高さをあわせるという新たな整備方針に基づき、現地整備を進めています。

 

≪歩道橋の概要≫

 ⑴ 橋りょう形式  鋼2径間連続合成鈑桁橋

 ⑵ 橋     長  86m

 ⑶ 幅     員  5.7m(歩行空間3.5m、自転車走行空間2.0m、分離帯0.2m)

 ⑷ 供 用 予 定   平成31年3月21日

 

≪完成イメージ図≫

〔鳥瞰図〕                                                               〔歩道橋橋詰〕
鳥瞰図   橋詰

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局 道路部 道路計画課 事業調整係
電話:082-504-2361 /  FAX:082-504-2427
メールアドレス:doukei@city.hiroshima.lg.jp