1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

史跡中小田古墳群について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 史跡中小田古墳群は、太田川下流東岸に沿って延びる標高60~130メートルの丘陵上に存在する古墳群です。三角縁神獣鏡や甲冑類などが発見され、平成8年に国の史跡に指定されています。

(これまでの保存整備に向けた取組)

 昭和54年度     広島市教育委員会・広島大学による合同調査(第1~6号、第9・10号古墳)
 平成元~7年度   史跡中小田古墳群整備委員会の指導のもと、整備基本構想等を整理
 平成8年度      国の史跡指定(11月11日)
             測量を未実施の古墳について、地形測量調査を実施(第7・8・11・12号古墳)
 平成9~14年度   遺構状況確認調査を実施(第1~6号、第9・10号古墳)、調査報告書作成(平成15年度)
 平成11~16年度   史跡範囲内の用地取得を実施
 平成17~31年度 地元防災対策協議会と協議の上、防災工事を実施
       (予定)

 平成28~29年度 遺構状況確認調査を実施(第7・8・11・12号古墳)
 

 

(写真:三角縁神獣鏡、広島大学考古学研究室提供)

 

 

三角縁神獣鏡(広島大学考古学研究室提供)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

市民局 文化スポーツ部 文化振興課 文化財係
電話:082-504-2501 /  FAX:082-504-2066
メールアドレス:bunkazai@city.hiroshima.lg.jp