1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

人生会議(ACP)とは 

 もしものときのために、自分が望む医療やケアについて、前もって考え、話し合い、共有する取組を「人生会議(ACP:アドバンス・ケア・プランニング)」と呼びます。
 この取組で重要なことは、自分の生き方・命について、家族や信頼できる周囲の人たちと、ゆっくりと語り合える時間を持つことです。
 
 誰もでもいつでも、命にかかわる大きな病気やケガをする恐れがあり、命の危険が迫った状態になると、約70%の人が、医療やケアなどを自分で決めたり、望みを人に伝えたりすることができなくなると言われています。
 最期まで自分らしく生きるためには、医療やケアをどこで、どのように受けたいと望んでいるかを、自分自身で主体的に考え、周囲の信頼できる人とたちと話し合い、共有しておくことが重要です。人生の最期まで自分らしく生きるため、そして、家族などに安心感をもたらすために、周囲の人たちと人生の最終段階の医療やケアについて話し合ってみませんか。

 広島市では広島県地域保健対策協議会作成のACPの手引き「豊かな人生とともに~私の心づもり」を活用したACPの普及に取り組んでいます。

ACPの進め方(例) 

STEP 1

希望や思いについて考えましょう
 今のあなたの考え方を示しておくことは、将来御家族などがあなたの気持ちを考えて判断するのに役立つでしょう。

STEP 2

健康について学び、考えましょう
 医療・ケアチームとあなたの健康について相談することが大切です。病気がある場合には、将来どうなるか、どういう治療ができるか、その治療でどうなるのかを知って、考えましょう。

STEP 3

あなたの代わりに伝えてくれる人を選びましょう
 予期しないできごとや突然の病気で、自分の希望を伝えることができなくなるかもしれません。自分で意思決定ができなくなったときに、あなたの代わりに伝えてくれる人(代理人)を選んでおくことが大切です。

 ★どんな状況でも、あなたの希望を尊重して判断できる人を選びましょう。

STEP 4

希望や思いについて話し合いましょう
 医療や生活に関する希望や思いを、家族、代理人や医療・ケアチームと話し合いましょう。しっかりと話し合うことで、自分の考えがまとまり、お互いの理解も深まることでしょう。

(例えば)
●できる限りの治療を受けて、一日でも長く生きたい
●病気を治す治療よりも、苦痛を取るための治療を優先したい
●延命のためだけの治療は受けたくない
 

STEP 5

考えを「私の心づもり」に書きましょう
 話し合ったことは、できるだけ記録(文書)として作成し、自分と代理人、医療・ケアチームで共有しておくことが大事です。

 ★希望や思いは時間の経過とともに変化したり、健康状態によって変わる可能性があります。
 ★何度でも繰り返し考え、話し合いましょう

 気持ちや状況に変化があったときは、随時見直してみましょう(STEP 1に戻る)

リンク
広島県地域保健対策協議会(ACPの手引き)
厚生労働省(自らが望む人生の最終段階における医療・ケア) 
          

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 地域包括ケア推進課
電話:082-504-2648 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:hokatsucare@city.hiroshima.lg.jp