1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

「救急相談センター広島広域都市圏」について

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

救急車の出動件数は高齢者の急病や転倒などにより年々増加しており、平成30年中における広島市消防局管内の救急出動件数は6万件を超えました。

「病院が分からない」「すぐ病院に行くべきか分からない」などという理由で安易に救急車を呼んでしまうと、生命に危険のある傷病者のところに救急車が到着するのが遅くなってしまい、救われる命が救われないおそれがあります。

一方で、救急車の出動要請をちゅうちょし、結果的に病状が重症化してしまうケースもあります。

そこで広島市では、急な病気やけがをした際に救急車を呼ぶべきか、病院に行くべきか、様子を見てもいいのかなど判断に迷った方からの電話相談に対応する、救急相談センター広島広域都市圏」を開設しました。

 

◇◆◇◆◇◆◇救急相談センター広島広域都市圏について◆◇◆◇◆◇◆

 

 電話相談を通じて、病気やけがの症状を把握した上で、看護師が24時間体制で次のようなアドバイスをします。

 

  (1) 救急車を要請するか、自分で医療機関に行くか、様子を見ても良いかなどを助言

  (2) けがなどに対する応急手当の方法を助言

  (3) 適切な診療科目と医療機関を案内

 

 ◆対象エリア

  【広島県】広島市、呉市、竹原市、大竹市、東広島市、廿日市市、安芸高田市、江田島市、府中町、海田町、熊野町、坂町、

         安芸太田町

  【山口県】岩国市、和木町

 

 ◆電話番号

  #7119    

   つながらない場合や、山口県のエリアから携帯電話でかける場合は082-246-2000

    ※相談は無料ですが、通話料は相談をした方の負担となります。

 

◆対応できない相談

 ・健康相談

 ・医薬品情報に関すること

 ・セカンドオピニオンに関すること      など

 

◆こんな時は、ためらわず119番へ

 ・ろれつがまわらない

 ・突然、片方の手足に力が入らなくなる

 ・急な息切れや呼吸困難

 ・胸が締め付けられる

 ・いつもと違う、様子がおかしい       など

 

◆Q&A 

 Q1 「#7119」へ電話をして、緊急性が高い症状だった場合はどうなるの?

     A 緊急性が高いと判断された場合は、状況に応じて119番へ電話を転送し、または、かけ直しをお願いしますので、

       救急車の出動を要請してください。

 

 Q2 今受診できる医療機関を教えてくれるの?

     A 医療機関からの情報に基づき、その時点で受診可能な医療機関を案内します。

       ただし、急病の患者さんに対応中などで受診できない場合もありますので、必ず医療機関に電話で確認してください。

 

 Q3 いつ電話してもいいの?

      A 「救急相談センター広島広域都市圏」は24時間365日対応しています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆地域の医療を守りましょう!◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 今、地域医療の持続性をいかに確保していくかが課題となっています。

 医療制度は安心して暮らすために欠かせないものです。地域の医療を守るため、一人一人が次のことを心掛けていきましょう。

 

医療機関はできるだけ平日・日中の診療時間内に受診しましょう。
まずは、かかりつけ医(近くの診療所など)を受診しましょう。
緊急性の判断に迷う場合は「#7119」へ電話しましょう。
市販薬を上手に利用しましょう。

  

 

 

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 保健部 医療政策課 地域医療係
電話:082-504-2178 /  FAX:082-504-2258
メールアドレス:healthed@city.hiroshima.lg.jp