1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

広島の未来のまちづくりのために、広島市交通実態調査にご協力を

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 広島市では、市内在住の方を対象に、アンケートによる交通実態調査を10年ぶりに実施しています。

 交通実態調査イメージ図

 交通実態調査は、交通の主体である「人」に着目し、「どのような人が」「どのような目的で」「どこからどこへ」「どのような交通手段で」で移動したかなどの「人の一日の動き」をアンケート調査により調べるものです。そこから、鉄道やバス、自動車、徒歩といった各交通手段の利用割合や交通量などを求めることができます。

【対   象】 市内在住の方の中から、無作為に抽出した約2万7,800世帯
【調査方法】 対象世帯に調査票(「世帯票」、「個人票」、「普段の生活・交通に関する調査票」の3種類)を郵送配布し、郵送またはWebで回収
【時   期】 本年11月下旬から12月中旬に順次郵送 (※調査票の配布は終了しました。
【内   容】 平日・休日の各一日における全移動の実態(移動目的、移動交通手段、出発地・目的地、出発時刻、到着時刻など)や普段の生活・交通行動について

 回答内容は、この調査の目的以外には使用せず、また、統計的に処理することで個人の方を特定できないように取り扱います。

 

Webでの調査の回答はこちら

 

≪調査票の回収状況(12/13時点の速報値)≫

配布枚数 回収数 回収率
27,844 世帯 3,186 世帯 11.4 %

  回収率は30%以上を目指しておりますが、まだまだ開きがあります。
  調査票が届いた方、調査の参加申込みをされた方は是非ご協力をお願いします。

  回答期日が過ぎても調査票の回収は受付けておりますので、ご回答をよろしくお願いします。

 

※交通実態調査の調査員をかたる不審者にご注意ください。

  

 ~皆さんの参加をお待ちしています!~

 対象世帯でなくても、市内在住の方であれば誰でもインターネットによる調査に参加することができます。

 調査結果を充実させ、活力ある広島の将来像を描くための検討に役立てるには、できるだけ多くの方の参加が欠かせません。
 広島の交通の未来を考える上でとても重要な調査ですので、是非ご参加ください。 

  12/13時点で172名の方にご参加いただいております。ご協力ありがとうございます。
  まだまだ、目標の数まで達していません。引き続き、参加者を募集しておりますので、是非ご参加ください。

 ご参加いただける方は、以下の、参加申込みページから登録してください。

◎交通実態調査への参加申込み

  パソコン・スマートフォンの方はこちら   携帯電話の方はこちら

   ※参加の申込みは携帯電話からできますが、調査への回答はできませんので、回答はパソコンまたはスマートフォンからお願いします。
   ※調査の回答は、同居されている5才以上の方全員についての入力をお願いします。
   ※調査対象日は、11月下旬から12月中旬の平日・休日各1日をこちらで指定します。
   ※参加を申し込まれた方には、調査対象日とWeb回答用のログインID・パスワードを後日送付します。
   ※参加を申し込まれた方でも、郵送調査の対象となった世帯の方には、調査票が郵送されますが、どちらで回答されても構いません。

  

 

  この調査は、皆さんが日ごろの活動にどのような移動手段を使っているかなどを知るためのものです。いただいた回答は将来の快適で住みやすいまちづくりに必ず生かします。どうぞご理解の上、ご協力お願いします。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

道路交通局 道路交通企画課 交通施策調整係
電話:082-504-2754 /  FAX:082-504-2379
メールアドレス:koutsuu@city.hiroshima.lg.jp