1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

史跡広島城跡二の丸復元建物で陶芸作品展を開催します

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

報道発表資料ヘッダ画像

平成30年(2018年)10月10日(水)
市民局文化振興課
課長補佐:高田、主幹:平田
電話:082-504-2501
内線:2721,2722

 

 

史跡広島城跡二の丸復元建物で陶芸作品展を開催します

  史跡広島城跡二の丸は、現在、復元した建物(表御門、平櫓、多聞櫓、太鼓櫓等)の内外観の見学を中心とした活用となっていることから、これらの活用の促進を図り、広島城の新たな魅力を創出する事業を検討する一環として、陶芸家 浅野 (あきら)氏の作品展を開催します。

1 作品展名称

  「浅野 陽 展 -陶への絵付け-」

2 会期

  平成30年10月13日(土)~11月12日(月) 9:00~16:30 

3 開催場所

  史跡広島城跡二の丸復元建物「多聞櫓」

4 入場料

  無料

5 主催

  広島市、広島市教育委員会

6 協力

  公立大学法人広島市立大学芸術資料館、公益財団法人広島市文化財団広島城、広島大学大学院教育学

     研究科 井戸川 豊教授、比治山大学短期大学部美術科 今田 拓志准教授

7 内容

   公立大学法人広島市立大学に寄贈されている東京藝術大学名誉教授 故 浅野 陽氏の陶芸作品26点の

  展示等

8 関連行事

  東京藝術大学において浅野 陽氏とゆかりのある井戸川教授及び今田准教授による作品解説を実施

   (日時) 平成30年10月14日(日) 14:00~15:00(解説:今田准教授)

         平成30年11月 4日(日) 14:00~15:00(解説:井戸川教授)

 9 その他

   当該事業は、浅野氏入城400年記念事業の一環として、平成30年度と平成31年度の2か年にわたって

  実施する(浅野 陽氏の父満茂は、最後の広島藩主浅野長勲(ながこと)の弟にあたる。)。

プレスリリース下の画像

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

市民局 文化スポーツ部 文化振興課 文化財係
電話:082-504-2501 /  FAX:082-504-2066
メールアドレス:bunkazai@city.hiroshima.lg.jp