1. 緊急災害情報サイト
  2. 防災(防災情報メール)
  3. 避難場所
  4. 救急当番医
  5. 組織別分類から探す
  6. サイトマップ

本文の開始

平成30年度広島市訪問看護師養成事業を実施します。

  • 印刷用ページを表示する
  • 通常ページへ戻る
  • このページを印刷

 1 目的
 高齢化の進展と地域医療構想に基づく病床削減等により在宅ニーズが拡大することを見据え、 在宅医療に従事する訪問看護師の量的拡充と、在宅看取りまでを支えることのできる訪問看護師の育成を並行して進めて行くことを目的とする。


2 実施主体

 国立大学法人広島大学(広島大学院医歯薬保健学研究科附属先駆的看護実践支援センター)

3 受講料
  無料

4 内容
  〔基礎研修〕
 ⑴ 対象者及び募集人数
    看護師としての実務経験はあるが、訪問看護の経験のない又は浅い者(1年未満程度) 30名
    ※原則として、広島市又は安芸郡の医療機関等に勤務している者、もしくは、今後広島市又は安芸郡の訪問看護事業所で
               勤務する予定の者
 

 ⑵ 研修日程及び会場
    講 義 第1回目:10月13日(土)、20日(土)
           第2回目:11月10日(土)、17日(土)  ※第1回目、第2回目どちらかを選択
         会場(共通):広島大学保健学研究棟内(広島市南区霞一丁目2-3)
    実 習 講義受講後~平成31年2月末 計3日間 (実習日は希望日を踏まえて協力訪問看護事業所と調整します)
    振り返り 調整中(第1回目、第2回目共通)
 
 ⑶ 研修内容
    講義 1日目   ・医療・介護の動向‐訪問看護に必要な医療・介護保険制度の理解
            
・訪問看護の対象の理解‐患者と家族を一つのケアユニットとして‐
             ・訪問看護の実践に必要な疾患と疾病管理の知識
             (1)口腔ケア、(2)スキンケア、(3)呼吸器疾患のケア
             ・訪問看護の魅力‐訪問看護の概要、看護師の役割を基本姿勢
        2日目 ・アセスメントと看護計画の立案
             ・リスクマネジメント
             ・訪問看護の実践に必要な疾患と疾病管理の知識
             (4)心不全のケア、(5)高齢者/認知症ケア、(6)緩和ケア
             ・病院・施設・在宅における多職種連携
    実習 訪問看護事業所の訪問サービスに計3日間、同行・見学し、訪問看護の実態を学ぶ

 ⑷ 受講手続き
   【申込方法】
   (1)氏名、(2)連絡先(住所、電話、メールアドレス)、(3)年齢、(4)看護師の経験年数、(5)訪問看護経験の有無(年数)、
   (6)勤務先事業所名、(7)希望する講義日程(1or2回目)
 を、下記までFAXもしくはメールでお知らせください。
   
   
【申込締切】
   講義日程(第1回目)の申込締切:平成30年 9月28日(金)
   講義日程(第2回目)の申込締切:平成30年10月26日(金)
   
   
【問い合わせ・申込み先】
   〒734-8553
   広島市南区霞一丁目2-3
   広島大学大学院医歯薬保健学研究科附属先駆的看護実践支援センター 担当:伊藤
   電話・FAX番号:082‐257‐5369
   メールアドレス:yuito@hiroshima-u.ac.jp

  〔訪問看護技術向上のための研修〕
 ⑴ 対象者及び募集人数
     訪問看護事業所での実務経験はあるが、終末期や看取りへの対応経験がない又は浅い者
    
15名 (講義のみは可能な限り希望者を受け付けます)
     ※原則として、広島市又は安芸郡の医療機関等に勤務している者、もしくは、今後広島市又は安芸郡の医療機関等に
      勤務する予定の者


 ⑵ 研修日程及び会場
     講 義 12月15日(土)、16日(土)
       会場(共通):広島大学保健学研究棟内(広島市南区霞一丁目2-3)
     実 習 講義受講後~平成31年2月末 計3日間 (実習日は希望日を踏まえて協力訪問看護事業所と調整します)
     振り返り 調整中

  ⑶ 研修内容
    講義 1日目 ・エンド・オブ・ライフ・ケア(EOL)における看護
             ・痛みのマネジメント
             ・症状のマネジメント
             ・EOLにおける倫理的問題
             ・EOLにおける文化への配慮
             ・在宅看取り、緩和ケアに関する制度・支払いの仕組み
        
2日目 ・コミュニケーション~患者の意思決定を支えるために~
             
・喪失、悲嘆、死別
             
・臨死期のケア
             ・高齢者のEOL
             
・質の高いEOLの達成、目標・行動計画の立案
             ・在宅看取り、緩和ケアに関するリスクマネジメント
    実習 訪問看護事業所の訪問サービスに計3日間、同行・見学し、訪問看護の実態を学ぶ

  ⑷ 受講手続き

    【申込方法】
    (1)氏名、(2)連絡先(住所、電話、メールアドレス)、(3)年齢、(4)訪問看護経験年数、(5)勤務先事業所名を、
    下記までFAXもしくはメールでお知らせください。

   
    
【申込締切】
    平成30年11月30日(金)
   
    
【問い合わせ・申込み先】
    〒734-8553
    広島市南区霞一丁目2-3
    広島大学大学院医歯薬保健学研究科附属先駆的看護実践支援センター 担当:森山
    電話・FAX番号:082‐257‐5369
    メールアドレス:yuito@hiroshima-u.ac.jp

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉局 高齢福祉部 地域包括ケア推進課
電話:082-504-2648 /  FAX:082-504-2136
メールアドレス:hokatsucare@city.hiroshima.lg.jp